トビイ ルツのTraveling Mind

天空の神社とお堂

話題の県立美術館OPAMのオープンに先駆け、施設のリニューアルや新規オープンが続いている大分市。なんでも100年に1度の大事業と言われているそうです。JR大分駅も大きく変わり、先週は駅ビル『アミュプラザおおいた』がオープン。「しまうまシリーズ」を置いていただいている4Fの紀伊國屋書店さんご挨拶に行ってきました。
とはいえ、私が真っ先に向かったのは、話題の屋上庭園。豪華列車「ななつ星」の車両デザインで知られる水戸岡鋭治氏が手がけているとのことで、訪問を楽しみにしていました。とりわけ興味をもっていたのは「鉄道神社」の存在。アトラクションのひとつかと思っていましたが、以前から交通安全を祈願して神社が駅に設置されていたそうです。
d0069964_13135167.jpg

正式な神社の町を模した「表参道」があり、大分にちなんだ商品やテイクアウトフードを扱う「仲店」が並んでいます。参道を抜けると、そこはまさしく神社の境内。ちゃんと手を禊ぐ「手水舎」も設置され、いくつも鳥居をくぐって、神社にたどりつきます。
d0069964_13142938.jpg

園内には神社のみならず、お堂もありました。駅ビルの外から見上げるとひときわ目立っていたお堂「ぶんぶん堂」。こちらも本物の寺社のように香炉やお賽銭箱があったりと本格的。お堂はらせん階段で上まで登ることができ、大分市内の風景が一望できます。各所に愛嬌のある七福神のオブジェが設置されていて、登るとご利益があるんだとか。日本庭園の格好のよい松の植木を眺めながら、休憩所で和めます。
d0069964_13144822.jpg

個人的には、美しいということだけですでにパワーががあると思っているので、この美意識とユーモアのセンスに溢れた神社やお堂は私的パワースポット認定。(笑)神仏習合の庭園にて祈願した後、紀伊國屋さんに向かったのでした。
d0069964_13152160.jpg




by rutsu_tobii | 2015-04-22 23:59 | 国内の旅 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rutsu.exblog.jp/tb/21732499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akatsukireika at 2015-05-27 01:48
すごい!行きたいよ~ココ!!
Commented by rutsu_tobii at 2015-06-02 02:34
博多駅の屋上にも鉄道神社があるそうですよ^^
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新のコメント