トビイ ルツのTraveling Mind

ウィーンの新名所

世界中のどこの街に行ってもある信号機。赤は止まれ、青は進めという決まりはもちろんのことデザインもほぼユニバーサルなのですが、ウィーンに最近設置された信号機はちょっとユニーク。
赤信号では、スカート姿の女性2人が並んでいます。そして青に変わると、♡マークと共に、その2人が手を繋いで歩く姿が浮かび上がるのです。
この信号機は、同性愛やトランスジェンダーなどの性に関する多様性を尊重する、「ジェンダーフリー」の啓発のために作られたのだとか。もちろん男性2人組のバージョンもあります。

オーストリアは同性同士の結婚も認められている国。ウィーンもゲイフレンドリーで、性に関する表現にはリベラルな雰囲気が感じられます。
昨年のユーロソングコンテストで優勝し、一躍国民的なアイドルとなったコンチータ・ウルストさん(男性)。ドレスにロングヘア、ツケマのお化粧に加え、りっぱなヒゲも生やしている、ある意味「ありのままの姿」で話題になりました。オーストリア銀行をはじめ、あちこちの有名企業の広告に登場しているのをみると、国や人々の進んだ社会意識がうかがえます。
d0069964_17413894.jpg

そのジェンダーフリーの信号機ですが、先日街中を歩いていて偶然に発見しました。一つだけかと思ったら、見つけただけでも国立オペラ座やノイバウ、ミッテ駅、ナッシュマルクト近くなど、人が多く集まる場所に設置されています。

他のどこの街にもない信号機は、ウィーンの新しい観光スポットといえるかも。セルフィや記念撮影する際は「信号を守って」、事故がないようにお気をつけくださいね。
d0069964_17412141.jpg




by rutsu_tobii | 2015-06-03 23:59 | 社会 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rutsu.exblog.jp/tb/21850287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント