トビイ ルツのTraveling Mind

アントワープのシュガーロード

7月初旬、私の心の故郷であるベルギーのアントワープをひさしぶりに訪れてきました。街はずいぶんお店が増えた印象です。特にチョコレート屋さん。Korte Gusthuisstraat付近は、シュガーロードと化していました。昔から店を構えていたゴディバやノイハウス、レオニダスに加え、ピエール・マルコリーニは2軒もあるし、銀座にオープンしたBbyBもオープン。日本未上陸の人気店「MARY」まであるではありませんか。

目を丸くしながら歩いていると、老舗のボンボニエール「Burie」の店の軒先に「店舗売り出し中」のステッカーが張ってあるのに気がつきました。店主の女性に尋ねると、7月25日で閉店とのこと。後5年で創業100周年だったのに。素朴なお菓子とディスプレイが可愛らしくて、何度か取材させてもらったこともあるのですが本当に残念です。
慌てて数軒隣りにある同名の老舗のショコラテリー「Burie」に行ってみましたが、こちらは昔と変わらずディスプレイに職人芸を駆使したチョコレートのオブジェを誇らしげに飾り、通常営業中。ほっとしました。とはいえ、国内外の有名ブランドが次々進出して、昔からある地元のお店は大変だろうな、と思いました。

アントワープに限ったことではありませんが、資金力のある国際的なブランドの店ばかりが増えて、ローカルの個性的な小さな店がどんどん減る傾向を、苦々しく思います。自由市場の競争原理とはいえ、必ずしも街の観光や活性化に繋がるとも限りません。とはいえ、老舗は時代にあわせて変わっていく工夫が必要でしょう。ベルギーは小さな国なので、どの街も海外からの観光客の集客がとても大事。インバウンド客の集客で観光に力を入れている、日本の地方の街もきっと似た状況だと思います。

ボンボニエールの空き店舗の後に、何ができるのかが気になります...。



by rutsu_tobii | 2015-07-15 23:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rutsu.exblog.jp/tb/21981037
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新のコメント

フォロー中のブログ