トビイ ルツのTraveling Mind

バリからの便り

6月に取材したバリ島の取材記事が、ライフカードの会員雑誌『tomorrow』9月号にて掲載中です。書店で買えなくて残念ですが、オダギリジョーのファンの方は、この機会にぜひ会員になって読んでくださいませ☆ 
バリ島の有名な手工芸である伝統的な布地「グリンシン」、「アタバスケット」「銀製品」の紹介の他、ウブドにある女性だけの作品を集めたギャラリー『セニワティギャラリー』と、現代アートの作品を集めた『コマネカギャラリー』を訪問、作家のひとりをアトリエにてインタビューしています。
バリ島は、宗教への信仰が生活の中心になっている場所。現代アートも無関係ではなく、視覚的には欧米の現代アートと変わらない作品も、コンセプトのほとんどは、宗教上のお祭りや儀式、輪廻といったものがインスピレーションになっています。「現代アート」といっても、現代がもう何百年も続いている日常だという事実が、感慨深かったです。

ところで。バリ島取材でお世話になった、「バリの宮迫さん」ことガイドのサマダナさんからのメイルが、今回、写真を担当した石井真弓さんを経由して送られてきました。(タグの「バリ島」参照のこと)石井さんは、最近ではエキサイトの「ブルネイ」特集を担当されています。
メイルには、最近は日本人の観光客が少なく、(きっとテロの影響ですね)、ロシア語の勉強をはじめたとありました。経済状況のいいロシアの観光客は、最近はどこの国でもよく見かけますが、バリ島にもよく来るみたいです。「ロシア語は難しくてびっくり」だとか。
ほんとはカメラマンになりたかったサマダナさん、掲載誌を読んでいたく感動&勉強になったみたいです。バリ島では、本格的なカメラや器具が買える場所がないそうで、プロとして仕事するのは難しいみたいでしたが、いつか夢は叶うのでしょーか。
バリアンに未来のアドバイスを受けたその後、どう過ごしているのか、ぜひ聞いてみたいと思っています。



by rutsu_tobii | 2006-09-03 23:17 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rutsu.exblog.jp/tb/3704177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新のコメント