トビイ ルツのTraveling Mind

誕生日の祝い方

ウィーンに住むオーストリア人の女友達が、最近、誕生日を迎えました。ちょうど節目にあたる歳だったので、盛大にパーティでも開いてお祝いしたのかと思ったら、周りの友人には「よかったらプレゼントをくれる代わりに寄付に協力して」と、お願いしたのだとか。「ネパールのヒマラヤ地方のシングルマザーを救うプロジェクト」というのがあるらしく、活動に参加しているウィーンのネパール料理のレストランで、友人たちと食事をして、寄付してもらったそうです。
シングルマザーでもなく、ネパールにも行ったことのない友人が、そんなことに関心があるとは知りませんでしたが、有意義な誕生日のお祝いの仕方には違いありません。

実は私もここ数年、誕生日には、可能な範囲の金額を赤十字社の義援金に寄付をすることにしています。寄付やボランティア活動は黙ってやる方が日本的な美徳なのかもしれませんが(笑)、周囲には言わないだけでいろんな社会貢献活動をやっている友人や仕事仲間が、実にたくさんいます。
フォスターペアレンツをやっている夫婦や、IT企業に勤務する一方、コンピューターの専門学校で講師をボランティアでやっている人、人権保護活動やエコ活動をライフワークにしている人...こうしてみると、何もやってない人の方が少ないかも?

 自分の社会貢献活動を絶対に公にしたくないという「あしながおじさん」的な硬派な友人もいれば、一方で、近年のハリウッドセレブの華やかな社会貢献活動に触発されて、流行感覚で興味をもつことも、それはそれでよいきっかけ。
いろんな態度や考え方がありますが、その人のできるスタイルとスケールで、「何かやっている人」がいるのは喜ばしいのではないでしょーか。

なかなかきっかけがなかなかみつからない人には、自分の誕生日はいいチャンスかも。もっとも私の場合、寄付はしてもその分、自分へのプレゼントをあきらめるということはないのですけど(笑)。



by rutsu_tobii | 2008-05-12 11:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rutsu.exblog.jp/tb/7886077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント