トビイ ルツのTraveling Mind

『どうぶつがっこう とくべつじゅぎょう』とは(1)



d0069964_11513128.jpg
「しまうまくんといっしょに こころの中をのぞいてみよう!」

「こころ」って何? 「じぶん」って...だれよ?

大人にとっても難問です。子供の時から学んでおいてソンはありません。(笑)

今回も前作に引き続き、お話の舞台は「どうぶつがっこう」です。にんげんの子どもたちは、じぶんのこころのより深いところを「かんさつ」して、どうぶつの子どもたちと一緒に「ことば」について学んでいきます。

動物にはなくて、人間だけがもつ「ことば」の力ってすごいな、と思います。たった「一言」が「一押し」になるような勇気をもらったり、反対に打ちのめしてしまうような「一撃」になったり。

今日もこの瞬間も、子どもたちの間で多くのことばが交わされています。教室で、校庭で、電話やメール、LINEやTwitterみたいなソーシャルメディア上で。ことばが、自分や他人の心を平和にしたり、乱したりする、ひいては大きな世界に影響力を及ぼすことを、ことばを学びはじめる子供の頃から自覚することは、今までにもまして大切な時代なんじゃないかな、と思います。

「ことば」で涙がでたり、笑顔になったり、「こころ」は「からだ」とつながっているという人間ならではの感性。たくさんのことばを覚え始める小さな子供の時から「ことばのもつ意味や力」について、こころとからだを通じた「かんさつ」で深く理解することは、ことばによる暴力やいじめをなくすことにもつながるんじゃないかな、と思うのです。





# by rutsu_tobii | 2017-03-22 12:00 | 著作本 | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新のコメント