トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:めだか ( 49 ) タグの人気記事




めだかの旅立ち

昨日のことですが、トビイ家の最後のめだか「ドミンゴ」が旅立ちました。ようやく厳しい夏を過ぎ超して、ひと安心していたところだったのですが、残念です。
原因は不明ですが、友人のひとりは「季節の変わり目だからではないか」と。彼女の飼っている猫も今頃になるときまって調子を崩してしまうそうです。ペットを飼っている方々、気をつけてあげてくださいね。

動物や植物はもの言えぬ存在だけに、メッセージを読み取れずにいると、とても苦悩します。具合が悪かったかもしれないのに、気づいてあげられずにごめんよ(T-T)。しかし後悔先に立たずです。今回も大事なことを教えてくれて、めだかは逝ってしまったのでした...ありがとう、ドミたん。

2年以上も続いためだかとの生活は終わってしまいましたが、これで留守宅を心配せずに旅に行けることも、また事実。私も旅立ってもいーのだ!というメッセージとして、前向きに受け取りたいです。
昨日の昼は、悲しみで胸が詰まる中、野菜の「精進料理」でドミンゴの喪に服しましたが、夜は旅ライターの仕事仲間たちと焼き鳥で乾杯。「おわりははじまり」ですからね。



by rutsu_tobii | 2008-09-20 10:02 | めだか | Trackback | Comments(2)

めだかの家族計画

東京は次第に涼しくなって、秋の気配です。めだかのドミンゴもほっとしていることでしょう。
トビイ家の歴代めだかの中で、もっとも存在感のあったジダンが他界してちょうど1年たちました。夏場は暑さで水が汚染されやすいので、今年の夏はドミンゴの環境に気をつけていましたが、幸い順調に育っています。なんといってもえさを控えているのが正解のよう。ただ、あいかわらず水槽に近寄ると犬が尾を振るがごとく、胸びれを動かしてえさをねだりに「浮上」してくる姿を見る度に、胸が痛みます。えさはあげられないんだよう。

ドミンゴに仲間をつくるかどうか、真剣に思案中。このままではずっと孤独の王子で子孫もついえてしまいます。ペットは何を飼っても同じでしょうが、飼い主が運命を握る「神様」状態なのですね。責任重大。
生後1年たってりっぱに成長したので、他のめだかと一緒になっても大丈夫かな。「めだか本舗」のサイトを時々見たりしてます。



by rutsu_tobii | 2008-08-22 11:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかのムーンウォーク

夏休みに入り、めだかの観察日記をつけ始めるよい子も増えるのでしょーか。トビイ家のめだかの「ドミンゴ」は、ある程度成長したので、目に見えて変わっていくことはないですが、あいかわらずウォッチングが楽しい生き物です。
えさをひかえているわりには、以前よりやはり大きくなってきました。いつもお腹をすかせているせいか、えさを入れるとものすごい興奮状態になって、首を振りながら喰いついてきます。高性能カメラでみると、きっと牛を襲うピラニアみたいな形相になってるかもしれません。
前方から流されてくるえさを必死で受け止めようとして、ムーンウォークみたいに前を向いたまま後ろにあとずさりして泳ぐのには、驚きました。必死な姿に不憫になってくるぐらいです(泣)。とはいえ、えさのやりすぎは禁物なのです。

昨日、ひさしぶりに打ち合わせでOデザイン事務所を訪れたところ、玄関に素晴らしいアクアリウムが鎮座してました。村上隆さんらアーティストをはじめ、ファンの多いことで有名な新潟の熱帯魚屋さんアクアリウムアマノから調達しているとか。雑誌でみたり、話に聞いたことはありますが、実物を見るのは初めてです。
幅が1m以上もある大きな水槽でしたが、すばらしい景色。なんと週に1度、水草の剪定に来てもらうのだそうです。
d0069964_993779.jpg
まるで日本庭園の盆栽なみのお手入れ。
d0069964_994931.jpg

オフィスの別の場所には、ドミンゴとは育ちが違う感じの、お洒落な水槽に入れられた、めだかのベビーたちもいました。うしろめたさに、ちょっとだけ、今日はドミンゴのえさを増やしてあげようと思います。



by rutsu_tobii | 2008-07-19 11:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかの筋トレ

気温がだいぶ高くなってはきましたが、トビイ家のめだかのドミンゴの動きはあいかわらず緩慢です。物音でびっくりした時など、瞬間的に跳ねたり、高速で泳いだりはしますが、見ていると、ほとんどの時間は同じ場所に浮いているだけです。

えさをあげる時も、先代のジダンなどは食い意地がはっていたので、ソワソワしだしたり口をパクパクとさせてアピールしてましたが、ドミンゴの場合、潜水艦のようにじっとしていた場所から、ファーっと垂直に水面に浮かんでくるだけ。えさを控えているので、慢性的にお腹がすいているはずなのですが、じたばたせずにエネルギーを温存しているのでしょーか。

仲間もいないので退屈でしょうし、生存競争もないため闘争心も萎えているはず。これはいけません...ウツになってしまいます。(笑)
水槽の中では、自然の川の中のような流れでさえないのです。必死で泳ぐ必要もないので、ドミンゴは体も鍛えられず、すっかり軟弱になってるはずです。

以前、水槽に水を注いだ時に、めだかが「滝登り」のよーに流れに乗って楽しそうに(あくまで想像)していたので、暇があれば水槽をかきまぜて、筋トレさせてあげることにしました。(迷惑がられているかも)
実は、ソーメン流しのような仕組みの水槽が、めだかの健康にはいいのかもしれませんね。



by rutsu_tobii | 2008-05-19 11:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかのメダボ対策

半年ぶりにめだかの話題です。もうトビイ家にめだかはいなくなってしまったのでは?と思っていた方も多いことでしょう。めだかのジダンとマテたんの忘れ形見として、たった1匹生き残った「孤独の王子」ことドミンゴは、無事、初めての冬を超して元気にしております。

冬の間はさすがにおとなしく、まったりした感じでしたが、陽気がよくなってきてからは、突如、ぴゅーっとすばやく泳ぎ始め、水槽の壁際で直角に曲がるという「サーキット泳ぎ」を披露したりします。元気が余ってるのかな?遊び相手もいないし。

新たにお友達めだかをもらってやりたい気もしますが、体長がそんなに大きくないので、いじめられないか心配です。
昨年夏に夭折してしまった父親のジダンは、たいそう大きく、貫禄がありましたが、エサのやりすぎの「メタボ」だったフシがあるので、ドミンゴには極力エサを控えています。春になって、さすがに食欲は増してきたようですが、通常のめだかにあげる量よりかなり少なめ。2日おきくらいにしか、えさをあげていません。
そのせいか、あまり体の大きさがかわっていない気がするのですが、人間も腹六分くらいが健康で長生きするというーし、飼い主ともども、メタボ対策していくつもりです。



by rutsu_tobii | 2008-04-15 11:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかの犬化

夏にトビイ家のスターめだか達がいなくなってから、すっかり話題にすることが減ってしまい、1匹残されたドミンゴが「抹殺状態」になっておりました。
しかし、おかげさまで彼は元気にしています。体長もチャームポイントの目もすっかり大きくなって、黒々としたつぶらな瞳は、まるでチワワのよーです。
たいへんなおりこうさんで、水槽に近づいて名前をよぶと、尾びれを振って近寄ってきます。(ホントですって)。放任という名のしつけのたまものでしょうか。水槽を覗くのは、えさやりの時だけになってしまったので、人の気配を感じると「ゴハンだ♪」とパブロフの犬化してしまったのでしょう。
仲間がいれば、追いかけっこなどして過ごせるのでしょうが、日頃は1匹、水槽の中で何をしているのでしょう。今後は「散歩」と称して、せめて時々、水槽の位置を動かしてあげよーと思います。



by rutsu_tobii | 2007-11-29 10:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかの目ヂカラ

最近、めだかのドミンゴのえさやりを忘れがちでした。だんだん大きくなってきたおかげで、水槽から1mくらい離れた場所からでも姿がわかるようになり、それでえさのことに気づくのです。さらに近づくと、大きさと黒さを増してきた目で、「えさちょうだい」と訴えてきます。

やはりめだかは「目」がチャームポイントですね。「えさをくれる人だ〜♪」とこちらに近づいてくる時に、一生懸命動かす小さな胸びれもカワイイんですが。
目の色が黒のめだかしかいないんでしょーか?もっとも、めだかは日本の原産だそーなので黒い目が一番あってる気はします^^



by rutsu_tobii | 2007-10-22 10:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかの成長

先代のめだかたちにくらべると、どーしても存在感「薄」のめだかのドミンゴ。まだ小さくて観察しにくいので、キャラがわからないのもあるのですが、ようやく体長が1cmくらいにまで成長。最初はケシの実くらいの大きさしかなかったことを考えると、感慨深いものです。

生後すぐは、どんなに細かいえさをあげても口に入らないせいか、鼻先にくっつけて泳いでいるだけのように見えてました。運動会で幼稚園児が大玉ころがしをやっているような感じで、えさを持てあましてましたが、今ではようやくぱくぱくと食べられるように。
親はなくとも、子は育つのですね^^



by rutsu_tobii | 2007-10-05 10:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかの近況

すっかりトビイ家のめだかの近況報告を忘れていました。ジダン亡き後、いろんな方に同情の声を寄せていただき、ありがたいことと思っております☆たった1匹、残されたドミンゴについては、いまだキャラが確立されていないせいか、正直、私にとっていまいち愛着がわかない存在。とりあえず「孤独の王子」ということになっておりますが、召使いのそうじ屋「タニたん」数匹と豪邸暮らし。最近はタニたんの態度がでかく、広々としたプールみたいな豪邸でゆうゆうと背泳ぎ(吸盤を上に向けて泳ぐこと)する姿がよく見られます。体長もタニたん達の方がまだ大きいので、しばらくは存在感が薄いと思われるドミンゴです。いつか、父ジダンに負けない貫禄をつけてちょうだいね。



by rutsu_tobii | 2007-09-12 10:00 | めだか | Trackback | Comments(0)

めだかの命日

めだかのジダンが逝ってしまいました。奇しくも、ちょうど1年前に妻のベロニカが逝ってしまったのと同じ日が命日とは...

もう高齢と思っていたので、心の準備ができていたせいか、驚きは思ったよりありません。が、やはりかなり落ちこみます...水槽を覗いても、もうジダンがいないなんて(泣)

例によって、パキラの根元のマテたんのお墓と同じところあたりに、ジダンも埋めてあげました。

これからは、天涯孤独の身になった ドミンゴを大切に育ててゆきます。

いろんな楽しみを与えてくれたジダンに感謝。きっと今頃、きれいな川で仲間たちと泳ぎ回っていることでしょう。



by rutsu_tobii | 2007-08-22 10:00 | めだか | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新のコメント