トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:アントワープ ( 9 ) タグの人気記事




アントワープのシュガーロード

7月初旬、私の心の故郷であるベルギーのアントワープをひさしぶりに訪れてきました。街はずいぶんお店が増えた印象です。特にチョコレート屋さん。Korte Gusthuisstraat付近は、シュガーロードと化していました。昔から店を構えていたゴディバやノイハウス、レオニダスに加え、ピエール・マルコリーニは2軒もあるし、銀座にオープンしたBbyBもオープン。日本未上陸の人気店「MARY」まであるではありませんか。

目を丸くしながら歩いていると、老舗のボンボニエール「Burie」の店の軒先に「店舗売り出し中」のステッカーが張ってあるのに気がつきました。店主の女性に尋ねると、7月25日で閉店とのこと。後5年で創業100周年だったのに。素朴なお菓子とディスプレイが可愛らしくて、何度か取材させてもらったこともあるのですが本当に残念です。
慌てて数軒隣りにある同名の老舗のショコラテリー「Burie」に行ってみましたが、こちらは昔と変わらずディスプレイに職人芸を駆使したチョコレートのオブジェを誇らしげに飾り、通常営業中。ほっとしました。とはいえ、国内外の有名ブランドが次々進出して、昔からある地元のお店は大変だろうな、と思いました。

アントワープに限ったことではありませんが、資金力のある国際的なブランドの店ばかりが増えて、ローカルの個性的な小さな店がどんどん減る傾向を、苦々しく思います。自由市場の競争原理とはいえ、必ずしも街の観光や活性化に繋がるとも限りません。とはいえ、老舗は時代にあわせて変わっていく工夫が必要でしょう。ベルギーは小さな国なので、どの街も海外からの観光客の集客がとても大事。インバウンド客の集客で観光に力を入れている、日本の地方の街もきっと似た状況だと思います。

ボンボニエールの空き店舗の後に、何ができるのかが気になります...。



by rutsu_tobii | 2015-07-15 23:59 | | Trackback | Comments(0)

DVS in アントワープ

数々の有名モードデザイナーを輩出しているベルギーのアントワープ。一時期ほどの勢いはないかもしれませんが、またいろいろとニュースが聞かれるようになってきました。最近では、アカデミー出身のクリスチャン・ワイナンツがインターナショナル・ウールマーク賞を受賞したり、在学中の学生がH&Mデザインアワードを受賞したりと、あいかわらずいろんな世代のデザイナーたちが活躍している模様。先日届いたプレスリリースによると、「アントワープの6人」の一人である、Dirk Van Saene ディルク・ヴァン・サーンが新しくアントワープにマルチブランドショップ『DVS』をオープンさせたそうです。
自身のコレクションの他、6人の1人のウォルター・ヴァン・ベイレンドンク、ベルギーの若手デザイナーや、昨年、再び自身のコレクション発表を復活させたヴェロニク・ブランキーノなど、主にベルギーのデザイナーやメゾンの商品を紹介しているようですね。

木を多用した洗練された温かみを感じさせる店内。場所はアントワープファッション同様、常に人々に贔屓にされてきたファッションシューズ店『Coccodrillo ココドゥリロ』のレディス店と同じビルの2階です。

ディルクは昨年クローズしてしまったパートナーのウォルターのセレクトショップ『Walter』にも関わっていましたが、今度は自らが動きだしたのですね。今年、彼はキャリア30周年を迎えるとのこと。彼らがスタートとなったアントワープモードの伝説はまたひとつ節目を迎えたようです。



by rutsu_tobii | 2013-02-28 23:59 | ファッション | Trackback | Comments(0)

my ふるさと

最近、出身地である大分の地方新聞からインタビューを受けた記事が、先日掲載になりました。「myふるさと」というコーナーで、今の自分と故郷である別府との繋がりについてお話したものですが、今回は顔写真入りでかなり大きく載ったせいもあってか、記事を見つけた20年以上も会っていない高校時代の後輩からメールがあったりして、びっくりしました。

先月はたまたま某ライフスタイル誌からも、私の第二の故郷ともいえるベルギーのアントワープの生活やアートに関するインタビューをお受けする機会がありました。

どちらも、自分の過去を振り返ってお話をする部分があったのですが、思えば、育っているうちは特別な思い入れもなかった別府のよさに気づかせてくれたのは、アントワープの自分の街に愛着をもって暮らしている人々に会ったことが大きかったのです。

どちらも遠く離れてはいますが、これからも大事にしていきたい街ですね。



by rutsu_tobii | 2010-07-08 23:59 | Trackback | Comments(0)

ル・パン・コティデイアン

ベルギーの複雑な言語事情は有名な話。つい先日、ベルギーでは総選挙が行われ、オランダ語圏のフランダースでは地域の独立自治を掲げる政党が第一党になったとの気になるニュースがありました。小さな国なのにオランダ語、フランス語、ドイツ語と言語圏が分かれていることから、政治をはじめ、いろんなことに影響しているんですね。

オランダ語圏であるアントワープでは、ベルギー発でNYやパリをはじめ世界的にチェーン店がある人気のベーカリーカフェ、ル・パン・コティデイアンLe Pain Quotidien も、店名がオランダ語でHet Daglijksbroodといいます。でも今回、テイクアウトのためにお店に立ち寄ったらパッケージがフランス語名になってました。いよいよ日本にも進出し、どんどん海外でも店舗を増やしているようなので、今後のために世界の首都にあるフランス語店名で統一したのかな?アントワープのSteenhouwersvestの店も以前の倍以上のスペースに拡大されて、もはやご近所のパン屋という感じではありませんでした。
d0069964_10402244.jpg

でも、定番スイーツののレモンタルトは、あいかわらずのおいしさ。独特の甘酸っぱさに郷愁を感じてしまいました。いつ日本のどこの街にできるのかな?



by rutsu_tobii | 2010-06-18 11:05 | | Trackback | Comments(0)

ベルギーチョコ情報

アントワープで以前暮らしていたアパートのあったSteenhouwers通りを歩いてみると、見たことのないショコラテリーができていました。モード店のように黒で統一した洗練された佇まい。店先にモールドされたハイヒール型のチョコレートが鎮座していたお店は『Gunter watte』というドイツ語っぽい響きの名前。後で観光局のスタッフに聞くと、チョコレート職人を父親にもつ30代のベルギー人男性がオーナーと職人を勤める最近の人気店らしい。もうすぐ開店2年だそうです。facebookにページもありますよ。
d0069964_21102997.jpg

手作りのチョコレートと多種類のオリジナルブレンドのコーヒーを扱っていて、奥の方にカフェスペースがあります。ハーブやスパイスを効かせたチョコレートが今のトレンドなのか、どれもアクセントのある深い味わいでとてもおいしかったです。

Gunter watteで、布袋様のような仏像を象ったジンジャー味のエキゾチックなチョコレートがありました。味は違いましたがMEIR通り沿いにある『THE CHOCOLATE LINE』でも、この仏像型のチョコレートを発見。こちらのショコラテリーはブルージュに続く2号店だそうですが、しそやワサビなどの実験的な味も。日本語や日本的なキャラクターをあしらったチョコも見かけましたが、チョコの世界では和ブームなんでしょうか。

今回、ブルージュで取材した某クリエイターがお気に入りといっていたのは、『Sweetvaegher』。アントワープではGroendalstraatに にあります。Galetというチョコバタークリームをミルクチョコレートでサンドしたマカロンのような形状のチョコが人気だそう。店の近所で働いている友人に頼んでわざわざ買ってきて食べてみたのですが、個人的には少し甘過ぎかな。アントワープのモードデザイナーもお気に入りの人が多い店だそうですが、白に金の文字やモチーフの古風なパッケージが素敵です。



by rutsu_tobii | 2010-06-15 21:29 | | Trackback | Comments(0)

Vitrine 2010

ベルギーの滞在中は、雨が降ったりやんだりの肌寒い不安定なお天気。いつもなら「普段と同じ」と驚かないのですが、この時期にしては太陽が少なくて残念でした。

ちょうど訪問時は、アントワープの王立アカデミーのファッション科恒例のモードショーを控えた時期とあって、街の店のディスプレイが華やいだ感じ...と思っていたら、ちょうど「Vitrineヴィトリン2010」というファッションデザイナーたちが、街のあちこちの店先やオフィスのスペースを使って、独自のセンスとアティチュードを表現するイベントが開催されていたところ。
d0069964_21403251.jpg

今回の Vitrineのテーマは「SLOW FASHION」。
d0069964_22165390.jpg

Stephan Sneiderのお店。テーマに反して、ファーストフードが並んでいるのが彼らしいユーモアのセンス。プラスティックフードは日本で手に入れたのかな?

訪問の予定がある方は、6/26 まで眺めが楽しめますよ。



by rutsu_tobii | 2010-06-14 22:27 | ファッション | Trackback | Comments(0)

ベルギー・アントワープへの招待

12日のチャリティX'masパーティで、ベルギーの品々に囲まれてご縁が戻ってきたせいでしょうか、昨日、ひさしぶりにアントワープに暮らす日本人女性YさんからFAXのお手紙が入りました。
今から40年以上も前に、私も通ったアントワープの王立美術アカデミーを、彫刻を学ぶために日本人で初めて入学された女性で、今もひとりで作品を作りながら達者にお暮らしです。

FAXには、私がアントワープに暮らしていた10年以上も前に書いた『ベルギー・アントワープへの招待』という本をひさびさに読み返して、本の中で紹介されている場所を散歩したくなった、といううれしい内容でした。
実は、パーティに参加した方の中にも、今だにあの本を大事に持っていてくださった方がいて、「絶対にあの本は売りません」とうれしいことを言ってくれる女性がいました。もう絶版になっているので、古本でしか流通していないのです。

当時はアントワープファッションの人気が出始めた頃で、ファッションで有名な王立アカデミーや現地の情報がまだ日本ではほとんど手に入らなかったこともあって、本を読んだ学生さんから、よく問い合わせをうけたものです。

Yさんの手紙によると、今では日本人の在住者もずいぶん増え、中国食料品店に日本の食材が入荷すると、すぐに売り切れてしまうとありましたから、事情もずいぶん変わってきたようです。何しろインターネットで情報も豊富にとれますし、電子メールもありますからね。

『しまうまのしごとさがし』の原画展が行われているディセ マートと同じフロアにある英語のレッスンスクール『English Avenue イングリッシュ アベニュー』にも、アントワープの王立アカデミーで勉強したいという学生さんが通っていたそうで、スタッフの方達も現地に情報を問い合わせたりして、いろいろとお手伝いしたとか。ずいぶんサポートが恵まれているものです。

Yさんがアントワープに暮らし始めた頃は、異国生活にかなりのご苦労があったことと思いますが、今の学生さんたちは、情報やコミュニケーションがとりやすい分、もっと外にでていくといいのにな、と思います。

事情はずいぶん変わったと思いますが、アントワープの古い街並はほぼ、そのまま。みなさまも機会があれば『ベルギー・アントワープへの招待』を読んで、街を歩いてみてください。



by rutsu_tobii | 2009-12-14 23:10 | 著作本 | Trackback | Comments(0)

レアチョコ探し

23日から新宿・伊勢丹で毎年恒例の『サロン・デュ・ショコラ』がはじまりますね。世界の有名ショコラサロンが一堂に介すとあって、毎年大賑わいのイベント、今年も日本初のブランドがいくつか出展されるよーです。

個人的には、先週までチョコレートの本場のパリ&ベルギーにいながら、じっくり吟味するヒマがなかったのは残念。ただ、アントワープの街中にあるショコラテリー『Hans Burieハンス・ビュリー』は寄ってきました。アントワープには日本に進出してすでに有名な『デルレイ』本店もありますが、ビュリーの方は老舗で街で有名な人気店なものの、日本にはありませんね。店構えも商品も日本の市場に出すには少々、素朴すぎる気はしますが、何か理由があるんでしょう。

とはいえ、その土地でしか買えないもの、スペシャリティは旅の楽しみのひとつ。何でも東京で手に入らない方が夢があるかも。



by rutsu_tobii | 2008-01-21 11:00 | | Trackback | Comments(0)

ネロパトグッズ

ひさしぶりにベルギーに行ってきました。アントワープはかれこれ丸3年行ってなかったのですが、うれしくなるほど街も人も変わってません。長年工事を続けていた、セントラル駅がモダンに変貌を遂げていた位でしょうか。

わずか数時間の滞在でしたが、目的のひとつである、街の中心にあるベルギーやアントワープに関するグッズを扱う店『BELGIAN HERITAGE ANTWERP』を訪問。観光客が多く訪れる他、アメリカやイギリスの名門スクールをまねて、学校名をあしらったオリジナルのTシャツやパーカーが人気となっている店で、もうすぐ2号店も開店するのだとか。ヘリテージ(遺産)とはたいそうな名前ですね...笑
d0069964_17264674.jpg
実は、ここで私のイラストを使ったTシャツや時計、グリーティングカードが販売されています。売り上げは『ネロ&パトラッシュ基金』という障害孤児を救うチャリティ団体に全面的に寄付されているのです。
かれこれ10年前に描いた絵で、ネロとパトラッシュが街のスヘルデ川の左岸からアントワープの街を見ている光景。左岸に住んでいるという店のスタッフのおにーさんが「実際にいつも見ている風景と同じなので、とても気にいってくれている」と言ってくれたのもうれしかったです。

アントワープに訪問の際は、ぜひお立ち寄りくださいね。

d0069964_17282566.jpg




by rutsu_tobii | 2008-01-12 10:00 | 海外の旅 | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント