トビイ ルツのTraveling Mind

タグ:デザイン ( 204 ) タグの人気記事




『もしも建物が話せたら』


最近観た『もしも建物が話せたら』という映画があります。

「もしも建物が話せたら、何を語るだろう?」
世界の6つの建築物について、6人の著名な監督がそれぞれの視点で物語を撮った、オムニバス映画です。

選ばれた建物は、ドイツ・ベルリンの「ベルリン・フィルハーモニー」、ロシア・サンクトペテルブルクの「ロシア国立図書館」、ノルウェー・ハルデンの「ハルデン刑務所」など、外観デザインや立地、使用目的なども違います。
世界旅行をするように、それぞれ個性的な建物が語る自らの歴史や日常に興味深く耳を傾けました。

6つの中で私が最も感銘を受けた建築物は、アメリカ・サンディエゴにある「ソーク生物医学研究所」でした。映画を観るまで私は知らなかったのですが、世界の最先端のバイオテクノロジーの叡智が集う研究所だそうです。

ポリオワクチンを発見したソーク博士の崇高な理想に応え、建築家ルイス・カーンが丹念に作り上げた建物は、太平洋を望む小高い丘にあります。
研究者たちが日々、生命の探求を続けるのにふさわしい快適な環境と、居心地のいい芸術的で美しい空間。
監督のロバート・レッドフォードは、博士や建築家の過去のインタビューからの言葉、そして現在この建物で毎日を過ごす研究者たちの声や 、新旧の映像をうまく編み上げて映画を作っています。

この研究所で働く研究者たちに、ノーベル賞の受賞者も多数いるそうですが、建築を含めた環境の恩恵は大きいに違いありません。研究者ならずとも、場が与えるインスピレーションに触れに、ソーク研究所をとても訪れてみたくなりました。

世界にはたくさん素敵な建築物があります。
もしこの映画に続編があるなら、ぜひ語ってほしいと願うのは、先日、惜しくも急逝したザハ・ハディド氏の建築物。
昨年の夏、その中のひとつ、ウィーン経済大学のラーニングセンターを訪れました。今まで見たことのない宇宙船の中のような空間で、その場にいるだけで革新的なアイデアが、宇宙からテレパシーのように降ってきそうな気がしたのを思い出します。

ザハ・ハディドが手がけた有名な建築物は多数ありますが、もし建物が話せたら...いろんなことを聞いてみたいものです。
d0069964_12430961.jpg






by rutsu_tobii | 2016-04-05 23:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ヨーゼフ・フランク展

自然派コスメやビオ食品が充実したお店STAUDIGLは、健康おたくの私がウィーンで必ず足を運ぶお店のひとつ。Wollzeile通りの店舗を利用するのですが、2年ほど前に改装してとても素敵になりました。
その理由のひとつが、店内の壁に利用されているファブリック。果物や花が刺繍されているカラフルな色のセンスが素晴らしく、誰のデザインだろうとずっと思ってました。ちょっと上野リチさんに感じが似ていたので、ウィーン工房のアーカイブデザインかな、と思っていたのですが、最近、それが誰なのか偶然知る機会がありました。Wollzeile通りからまっすぐ歩いて5分ほどのところにある、これまた私のお気に入りのMAKオーストリア応用美術博物館に、同じ作品があったのです。

デザイナーはJosef Frank ヨーゼフ・フランク。1885年にウィーン近郊のバーデンで生まれたオーストリア人の建築家で、ウィーンのモダニズム建築や、家具やファブリックデザイナーとしても幅広い活躍をした人物でした。現在、彼の作品を紹介する大規模な展覧会がMAKにて行われています。

今回、建築や家具以外に、彼の多くのファブリック作品やデザイン画を見ることができたのですが、どの作品も草木や動物、魚など自然の風景をモチーフにしたウィットに富んだデザインとカラフルな色遣いで夢中になってしまいました。STAUDIGLの壁を飾っていたファブリックは『ブラジル』という、彼の代表作。生命力溢れる果実やグラマラスな花が、カラフルなやさしい色合いで描かれています。

ちなみに、3月17日まで、ヨーゼフ・フランクのファブリックや家具を扱うポップアップショップが、北欧デザイン店Svenskt Tenn内にオープンしています。素敵なデザインに囲まれていると、ますます健康になれそうだなあ。

Josef Frank展は2016年6月12日まで。詳細








by rutsu_tobii | 2016-01-25 23:59 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)

ウィーンファッションの期間限定店

6月も下旬になり、これからが夏本番。とはいえ、ウィーンのほとんどのファッション店のセールのピークは、とっくに過ぎてしまったように思います。セールの開始が早すぎる... (以前にも書いたと思いますが)ヨーロッパの大都市では、セールの開始日を行政が定めて規制しているところが多いのに、ウィーンにはそれがなさそうです。フライング関係なし。店主はビジネスが大変ですねぇ。

ウィーンらしい骨太のファッションはどこで見つかるのかしら...と思っていると、偶然、友人と待ち合わせたショッピングアーケードの中で「Vienna Fashion week Pop-Up Store」を見つけました。9月に行われる「ウィーン・ファッションウィーク」に先駆けて、バイヤーが買い付けたオーストリアをはじめ、ポーランドやルーマニア、ポルトガルなど、日本ではまだあまり馴染みのない新進デザイナーの個性的なアイテムが揃っています。
場所はリングシュトラッセギャラリーという、国立オペラ座近くにあるショッピングアーケード内。空き店舗を利用した、1か月限定の店舗だとか。

オープンは6月2日から6月30日まで。次はどこにポップアップするのかな?



by rutsu_tobii | 2015-06-23 23:59 | ファッション | Trackback | Comments(0)

博物館でタイムトラベル

長い歴史と、かつて遠くは南アメリカに及ぶ広大な領土を持っていたオーストリア。それだけに、ウィーンにある美術館・博物館の数は膨大です。中には犯罪やお葬式といったダークな知的好奇心を刺激するものから、チョコレートやお酒といった煩悩を刺激するものまで、驚くほど多彩。

ひとつひとつ訪れては個性的なコレクションを楽しんでいるのですが、昨日、訪れた「産業技術博物館」は素晴らしい場所でした。ここでは、人類の技術進化のすべてが見れるといって過言ではありません。人の生活を便利にしてきた自然法則や物理学の知識に始まって、現在の生活に使われている車や飛行機、家電類に至るまで、広大な敷地内に実に楽しくプレゼンテーションされています。

引力や遠心力といった物理の仕組みや、動力のメカニズムを紹介するコーナーでは、実際に見たり、触って確かめることができる本格的な実験模型が、たくさん。休日だけに、館内は親子連れでいっぱいでしたが、大人も子供も夢中になって実験に挑戦していました。中には一人で来ていた若い女性もいて、ボッチもなんのその、大きな装置で身体をはった力学実験にも次々とトライしているではありませんか。リケジョなのかしらん、とそんな彼女を微笑ましく観察する私。(笑)

2階から上は、エレガントなアールヌーボーの内観に、蒸気機関車や飛行船、巨大な歯車の重機が、まるでテーマパークのアトラクションのようにそびえ立っています。天窓からの光を浴びて、クラシックな機械の数々は美しく映え、産業革命時代のベルエポックを思わせます。まるで映画の舞台装置みたい。

美術館や博物館の素晴らしいところは、その世界観に没頭できることにもあります。「産業技術博物館」は、時空を超えたタイムトラベルが体験できた素敵な場所でした。



by rutsu_tobii | 2015-06-22 23:59 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)

MUJI BOOKS

無印良品といえば、「無印(ノーブランド)」といいつつも、誰にとっても「あんな感じね」と、はっきりと商品が思い浮かぶブランドは、なかなかないのではと思います。

そんな無印良品が、書籍の専門店を3万冊を集めたMUJIBOOKSを、博多キャナルシティに開設。素材にこだわる無印だけに、セレクションが気になります。1冊づつ丁寧に選ばれたという蔵書は、まさにMUJIファンに響きそうな、生活に密着した食や住まい、堅実で知的な生活のインスピレーションになりそうな良書揃いでした。

一般的なカテゴリー別や、あいうえおのインデックス順のレイアウトではなく、「ごはんと本」「からだと本」「香りと本」といった「○○と本」売り場や、「もしも○○があったら、○○をしたら」といった切り口で、いろんな角度から好奇心を喚起するような工夫がたくさん。
「○○入門」として、何かを理解するには「本を3冊で読む」というテーマに沿って選ばれた3冊がセットになっている企画には、思わず向学心がムクムクと呼び覚まされます。MUJIBOOKSの監修に関わっている書籍界の賢人・松岡正剛氏が率いるイシス編集学校のオリジナル企画とのこと。本のことを知り尽くしている人々が関わることで、より専門性が高い(難しいという意味ではなく「通」なセンスの)わくわくするような本と出会えるセレンディピティの場になっているのは、さすがです。
d0069964_11365558.jpg

思えば、今から20年近く前、ベルギー人の友人たちが東京に来る度に、熱心に無印商品を買い集めては絶賛していたのを見て、改めてその魅力に気づかされた記憶があります。言葉も生活背景も違う人々にも愛される無印良品ですが、MUJIBOOKSの企画そのものも、海外のMUJI&書籍ファンに受けるんじゃないかなあ。
d0069964_11371587.jpg

「でも、文字を一切読めなかったときの方が より大事なものを 学んだんじゃないかな」。故・石井桃子さんの言葉、深いです。



by rutsu_tobii | 2015-03-10 23:59 | カルチャー | Trackback | Comments(0)

スウェーデンの国民的歯ブラシ

先日、歯のクリーニングを行った際、歯医者さんで目新しい歯ブラシを手に入れました。衛生士さんが歯磨き指導で使っていて、気になったので聞いてみるとスウェーデンのメーカー「TePeテペ」というもの。
ずいぶん大きく、歯の3本分を余裕でカバーしてしまいます。毛先部分は凹凸もなく均等な高さですが、衛生士さんによると「毛が密集しているので、歯の汚れをとりやすい」のだそうです。グリップ部分も大きくて握りやすく、真ん中にくぼみがつけてあります。

電動歯ブラシが壊れてしまって以来、アナログ歯磨きに回帰していた私。最近は別の歯医者さんで薦められたRuscelloルシェロを使っていました。こちらは小ぶりで、毛先は極細。植え方に凹凸をつけてあり、デザインも使い心地も悪くありません。が、ちょうど替え時を迎えて、どうしようかな、と思っていたところだったので、そのまま譲っていただきました。

帰宅後、Tepeについてネットで調べてみると、「スウェーデンで国民の約8割が使用している歯ブラシ」として紹介されていました。スウェーデンは予防歯科の先進国。日本でも最近は「スウェーデン式歯みがき」の本が出版されるなど、歯のケアの仕方が注目されているのだとか。

意外にスゴイ歯ブラシTePe。一見するとビジネスホテルにある無料歯ブラシに近いかも。その点、デザインも見るからに「技」を仕込んであるルシェロに較べると、シンプルすぎるほど。
同じスウェーデン発のIKEAも世界に通じるユニバーサルデザインが受けていますが、「シンプルさこそ機能性に通じる」という点は、共通しているのかもしれませんね。



by rutsu_tobii | 2015-03-07 23:59 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

お菓子をアートでラッピング

毎年秋に行われる文化イベント『ベップ・アート・マンス』。レジデンツの外国人アーティストから、地域に暮らす子供からお年寄りまでが参加した登録型の市民文化祭で、今年は11/1 (土)から1ヶ月間に渡り別府市内のさまざまな場所で作品展示やパフォーマンスなどが行われ、地域を盛り上げます。

私も冨士屋Galleryでの個展で初参加しますが、もうひとつ企画がアートラッピング。市内の洋菓子店『Epanouir エパヌイール』さんのためにデザインしたラッピングペーパーの見本刷りが今日、出来上がりました。原画は銅版画と水彩で制作したもので、11/1(土)から限定200個の専用のボックスに詰め合わせた焼き菓子セットの販売時に使用される予定です。商品の詳細は追ってお知らせしますね。
d0069964_21183241.jpg

お店の名前『Epanouir』とはフランス語で花束の意味。包装で楽しんでもらった後に、そのまま額などに入れて楽しんでいただけたらうれしいなと思います。



by rutsu_tobii | 2014-10-18 23:59 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)

グッドデザインのアップルジュース

もうすぐ梅雨明けなのか、朝から蒸し暑い毎日。気分転換に飲むリンゴジュースを冷蔵庫に冷やしています。
d0069964_10415854.jpg
アメリカのメーカーのMartinelli’sマルティネリのリンゴジュースは、先月行った観光港の蚤の市で見つけて、可愛いボトルデザインに魅かれて初めて買ってみました。1868年から続く長い歴史のある人気ジュースだとか。砂糖や水を加えていない無香料無添加のリンゴジュースだそうですが、とても甘いので、アメリカ産だけどオーストリア流に少しづつミネラルウォーターで割って飲んでます。

d0069964_1047113.jpg

リンゴジュースは、リンゴが名産のオーストリアでは、大人にも子供にとっても定番ドリンク。ウィーンのカフェで、リンゴのジュースを注文すると水で割るか聞かれるので、最初、不思議に思っていましたが、なるほど、とっても甘いのです。老舗人気りんごジュースはウェッター社のWetter Freiherr von Beriepsch ウェッターフライヘル・フォンベレップシュ
こちらも中身は天然素材のリンゴジュース。牧歌的かつクラシックなラベルのデザインが美しいですね。日本でも買えるようです。
冷やしたリンゴジュースは、暑くて疲れた時に元気づけてくれます。



by rutsu_tobii | 2014-07-17 23:59 | | Trackback | Comments(0)

一輪挿し

先日、別府の観光港で行われた蚤の市で、若い作家さんが作った一輪挿しを買いました。高さは5cmにも満たないとっても小さな一輪挿しなので、野花を入れるのにちょうどいい感じ。デスクトップに置いても、作業のじゃまにならないサイズです。
d0069964_2257226.jpg

名前はわからないけど、実家の庭に咲いていた白い可愛い花。小さなお花のミクロコスモスの世界を楽しみました。



by rutsu_tobii | 2014-06-08 23:59 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)

伝統こけし

祖母の家の飾り棚で見つけた民芸品のこけし。底に「辰雄」という作家らしき名前が入っています。調べてみると、伝統こけしには有名な作家さんがいたり、東北を中心に産地によっていろいろと系統があることを知りました。奥が深いんですね。

海外でも熱心なコレクターが増えているという日本の伝統民芸品のこけし。代官山の蔦屋でも特設コーナーが出来ていて、そこにあった解説によると今は「第三次こけしブーム」なのだとか。
先日、来日していたフランス人バイヤーのマルト・デムランさんも、おみやげに伝統こけしを買っていったと聞きました。こけしのお顔をよくみると、黒いボブヘアと切れ長の目がエキゾチック。日本の伝統的な「カワイイ」を見直すきっかけになりました。
d0069964_1916253.jpg




by rutsu_tobii | 2014-05-27 23:59 | アート&デザイン | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

最新のコメント