トビイ ルツのTraveling Mind

映画『アバター』

昼間、打ち合わせが早く終わったので、映画『アバター』を観てきました。鑑賞者の中には、3Dウツや頭痛、ひいては映画を観て興奮した客が命を落としてしまった人もいるという、なんとも脳内センセーションが強そうな映画だったので、乗り物酔いするタイプの私は、一応、事前に具合が悪くならないようにする鑑賞法を調べて行きました。(画面内のメイン映像だけ観て、ストーリーに関係のない背景部分はあまり見ないようにするのが、コツらしいです)

事前のレビューにあったストーリーの凡庸さは、映像とイマジネーションのスゴさで帳消しといったところ。大画面&3Dで観るべき映画とは思います。

主人公が「どっちが現実(リアル)な世界かわからない」と葛藤する部分で、昨年秋のAVMアームのジュエリー展示会『リアル』で聞いたデザイナーの古川さんの話を想い出しました。実は拙著『どうぶつびょういん』でも共通する世界観ですが、やはり時代の雰囲気なのでしょうか。

それから、アバター生活者達の世界「セカンドライフ」。できた当初は私も覗いたりしてましたが、それほど日本では盛り上がらず、今はどうなってるんでしょう?と思ってみたら、進化は続けているようですね。

人によってはセカンドライフならぬ、「ファーストライフ」になっている人もいるのかも。不思議な時代になりましたね。



by rutsu_tobii | 2010-01-21 12:00 | 映画

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30