トビイ ルツのTraveling Mind

雑誌 vs Zine

昨日、友人から「最近の雑誌はますますつまらなくなった。どうなってるの!?」とお怒りのメールがなぜか私のところに来ました。(笑)私は出版評論家でもなんでもありませんが、確かにさまざまなジャンルの雑誌の休刊が相次ぐ中、かろうじて残っている雑誌はタイアップ記事が目立つし、昔から活躍している大御所を使っていれば安心と保守的な傾向がなきにしもあらず。ヘアメイクやスタイリスト、料理研究家、占い師...などなど、雑誌に登場する方々の顔ぶれがここ10〜15年前とほとんど変わってない気がするのは私だけでしょうか。

先日もファッションやインテリアなど幅広く扱う会社のプレス担当の友人が、各分野のオーソリティを2名ほどおさえておけば、ほとんどの雑誌はその方たちの独占状態なので仕事がラク、とさえ言ってました。ゆゆしきことでございます〜。
この時期、冒険はしにくいのでしょうが、雑誌と共に育ち、仕事をしてきた世代としては残念なことです。雑誌での若い才能の紹介の機会も限られてしまいますしね。おそらく雑誌文化が成熟している日本や欧米で共通する世界的な傾向と想像します。

雑誌のメジャーマーケットが悲しい状況になっている一方で、Zineジンとよばれるインディペンデント系の雑誌作りは流通はインターナショナルだし、多様化する個性を紹介できる分、元気(健全?)かもしれません。

代々木上原のN0.12ギャラリーと南青山のユトレヒトで、ZIneの先駆けであるスイスの小さな出版社Nievesニエヴェスの出版物が紹介されるイベントが行われるとのこと。

N0.12ギャラリーの方では世界からたくさんのZineが集まる模様です。雑誌で好きなことをやる究極モデルが見つかるかも?
Nievesは5年前に現地取材した時は編集者一人でしたが、案外、今は人数が増えてるかもなあ。
雑誌 vs Zine_d0069964_2025195.jpg

Nievesのシンボルのwatermanくん。設立した編集者が自ら描いたものだそうです。



by rutsu_tobii | 2010-04-06 20:13 | カルチャー

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30