トビイ ルツのTraveling Mind

『木を植えた人』

お世話になっている編集者の女性の方が、最近、仕事で大きな挫折を経験した際に、とある歴史学者の方にもらって励まされたのがこの本だそうです。

ジャン・ジオノの『木を植えた人』。

人知れず、荒れ地を森にした孤高の老人の話です。
彼女のメールには、以下のように記されてました。

「昔読んだきりだったのですが、
今回読み直してみて、ほんとにしみじみしました。

だれに評価されなくても、自分の仕事を、
工夫しながらもくもくと続けること。
このような境地で私もやっていきます」

恥ずかしながら、私はこの本について知らなかったので早速、とりよせて読んでみました。
冬が終わり、木々が芽吹く今の時期の風景と、本の中の風景が重なって、とても厳かな気持ちになりました。

話の中の老人のような境地になるのは簡単ではありませんが、せめてその様子を尊敬の念をもって見守る主人公のように、木を植える人を目指す彼女と共に、いい仕事を続けられたらと思いました。
『木を植えた人』_d0069964_1053917.jpg




by rutsu_tobii | 2010-04-08 10:10 | 仕事仲間・友人

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30