トビイ ルツのTraveling Mind

ミナ ペルホネン展

ファッションの世界では、ちょうど来年の春夏コレクションの展示会の真っ最中ですが、青山のスパイラルホールで開催中のファションブランドミナ ペルホネン展を観てきました。とってもよかったです。

ブランドの最大の特徴は何といっても、デザイナーである皆川明氏の手で創りだすオリジナルのパターンを使った、テキスタイルや刺繍。

色や形で遊ぶといった行為は、子供の頃からやってるはずなのに、それらが人の目を楽しませたり、思いを表現した美しい模様にするという作業は、個人的な創作の経験からいっても、難しいものがあります。
それを可能にするのは、技術なのか、その人の生まれもってのセンスなのか、日常からの観察なのかも考えながら、観賞していました。

いずれにせよ、自分の中からでてくるエッセンスを、パターンという抽象的な色と形で私たちに楽しく伝えている様子を、作品や作業風景の画像を通じて感じることができ、こちらまで心が自由になった気がしました。

展示方法は工夫されていて、皆川氏の創作過程がわかるインスピレーションブックやスケッチ、今まで創作したテキスタイル作品や洋服、そして行程で欠かすことのできない、織物職人さんたちの織りの作業やランウェイ画像など、盛りだくさんで楽しい内容です。

この楽しくも大変な作業を、ファッションのクリエイターたちは毎シーズン繰り返しているんですね。自分もがんばらないとなーと、いい刺激にもなりました。

期間中に販売されているボタンや受注販売のバックなど、小物や雑貨はすでにsold outが続出の模様。展示は10/20(水)までなのでファンの方はお急ぎを。



by rutsu_tobii | 2010-10-16 08:40 | ファッション

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30