トビイ ルツのTraveling Mind

欲しいものを手に入れるには

12月に入ってあっという間に1週間が経過。来年分のスケジュール帳がないと不便なのにもかかわらず、まだ決めかねています。東急ハンズあたりに行くと、ともかくものすごい数の手帳が陳列されていて、迷うといったらありません。
年々、変わったタイプの手帳も増えていて、ダイエットや家計簿、英語の勉強といった、何かしら実用的な付加価値をつけたものもあれば、文化的な楽しさを加えたものもたくさん。江戸時代の歴史や文化を紹介しつつ、昔ながらの旧暦や二十四節季を採用した「江戸帖」、ハワイに関するお役立ち情報をのせたハワイアン手帳など、万人向けではないとはいえ、欲しい人にはたまらない個性的な手帳もあります。

手帳を選んでいて、つくづく思ったのですが、何かを選ぶ時にはあらかじめ自分がどういうものが欲しいのか、きちんと決定してから選択にのぞむべきですね。でないといろいろと見すぎて、最終的には自分が何が欲しいのか、わからなくなってしまいます。

思えば、私個人のこの1年を振り返ってみると、この、あたりまえかつ「シンプルな真理」が徹底されていなかった気がします。年の初めに決めた今年の目標のひとつとして「人の時間も自分の時間もムダにしない」というのがありました。例えば、打ちあわせやプライベートで人と会う時に、なるべく効率よく話をしたり、お互いにとって有意義な時間になるように勤める。仕事やプライベートの時間も、怠惰に過ごすことがないようにしよう、というごく単純な目標だったのですが、どうも徹底できませんでした。

「人生、無駄なことなどひとつもない」とはいいますが、人と会う時も、どういう時間を共有したいのかを考えることなく、ダラダラと一緒に過ごしてしまったり、情報やモノもあれやこれやとるだけとって、何に生かそうか、よくわからないことが多かった気がします。

友人にも言われましたが、きっと何事も最初に自分で決めてしまいさえすれば、ずっとラク。自分ではコントロールできないと思える時間も、偶然とも思える人との出会いも、仕事やプライベートの展開も、迷いさえなければその通りに進むものなのだろう、と思えてきました。スケジュール帳に書いたとおり、すべては予定どおりにいくとは限らないのですが、「この日、この時間に、こんなことをやる。こういう時間を過ごす」とあらかじめ決めてさえしまえば、その通りになるように自然と行動をとるはず。きっとモノだって、こういうものが欲しいと「決定」することで、素早く手に入る気がします。

そんな今年の反省点をふまえつつ、またもやスケジュール帳売り場に出かけていきたいと思います。さすがにもう、何が欲しいか、決めましたもん。(笑)



by rutsu_tobii | 2010-12-06 13:56 | カルチャー

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30