トビイ ルツのTraveling Mind

エッセル美術館

ウィーンの郊外にあるプライベートの現代美術館ESSL Museumエッセル・ミュージアムを初めて訪れてみました。オーストリアの富豪エッセル氏のプライベートコレクションを集めた美術館で、8月まで開催中の展覧会は『FESTIVAL OF ANIMALS』。子供にも楽しめる現代アートの作品を集めたということで、小さな子供連れのファミリーが多く訪れていました。

世界的なコレクターとあって、シュナーベルの大作やポール・マッカーシーのリアルな時計じかけの豚さんの作品なども展示。私が気にいったのは、オーストリアの作家のノアの箱船をテーマにした作品でした。ご存知、聖書に登場するたくさんの動物を乗せたノアの箱船ですが、実際のところ狭い船の中にいろんな動物がパニックを起こしていたに違いない...というブラックなユーモアがある絵。子供の感覚でノアの箱船の様子を想像すると、そうかもしれません(笑)。動物好きな大人の私も十分楽しみました。

館内は、持ち歩きのできるおりたたみの椅子も貸し出していて、好きな作品の前に座って好きなだけ作品を楽しめるように工夫がしてあります。
リクライニングチェアのある緑の芝生が敷かれた中庭、気持ちのよいテラスのあるカフェテリアやミュージアムショップ、図書館などもあって、ウィーンでは穴場的なアートスポットかも。
有名なワイナリー地区でたくさんのホイリゲ(ワイン居酒屋)が集まるハイリゲンシュタットHeiligenstadtもすぐ近くなので、ウィーン市内からアート&ワインの日帰り旅行にもお薦めです。
エッセル美術館_d0069964_274569.jpg




by rutsu_tobii | 2011-06-26 21:48 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30