トビイ ルツのTraveling Mind

旅のすすめ

最近、急に歯の治療が必要になり、歯科医院まで行くのに、電車やトラム、バスを乗り継いで郊外の住宅地を歩く機会がありました。
旅好きな人はみな、そうなのかもしれませんが、海外の見知らぬ場所をひとりで歩く時は、少し心細い気がする一方、心地よく感じることがあります。道に迷わないために、しっかりとまわりの景色を見て、方向を記憶するために、全神経を働かせる集中力に、ある種の充実感を感じるのです。まわりで何が起こっているのか集中しながら、感覚を研ぎすませて歩いていると、動物か何かになったみたいに野生のカンが鍛えられる気がします。

だからなのか、以前は、海外の見知らぬ街を歩かない期間が長くなりぎると、自分の中の野生が衰え、ひ弱に思えました。そういえば、大学生の頃にウィーンから列車に乗ってイタリア、フランス、スペインを南下し、はるばるジブラルタル海峡までひとり旅をしたことがあるのですが、旅の後に(その時点では)「この先、人生で何があっても大丈夫!」と思えたくらい、自分がたくましく感じられたものです。(笑)きっと野生が鍛えられて、生命力が強くなったからなのかも。

昨今は、サバンナの野生動物のように、いつどこからくるともわからない敵、突然の災害から身を守るためにも、野性的なカンを養うことは、ますます大切になってきているはず。
明日から8月。カバさんのようにのんびり水際に行くのもよし、チーターのように走り回るのもよし。夏休みにいい旅をたくさん経験してくださいね。



by rutsu_tobii | 2011-07-31 23:50 | その他

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30