トビイ ルツのTraveling Mind

ハリー・ポッター最終作

ウィーンはここのところ雨続きでうすら寒く、外出する気もそがれていたのですが、ようやく青空がでた昨日、ハリー・ポッターの映画シリーズ完結編『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』を観てきました!(せっかく晴れたのに、映画館で過ごすのも矛盾してるなー 笑)

オーストリアの上映映画は、ほとんどドイツ語の吹き替えなので、どうしたものかと思っていたら、英語のオリジナル版を専門に上映している映画館が、いくつかあったのでした。
思えばハリポタの映画も第一作目を観たのは、2001年の秋、ベルギーのアントワープの映画館。まさかそれから10年後に、ウィーンの映画館で最終作を観ることになろうとは、夢にも思いませんでした。(笑)

完結編のPart1である前作がとってもよかったし、今回は3D上映ということで楽しみにしていたのですが、聴き取り困難なブリティッシュ・イングリッシュにもかかわらず、いつもどおり、イマジネーション溢れる魔法の数々を楽しみました。
今回の私的な見所は「マダム・パワー」と、セブルス・スネイプ先生の隠された過去でしょうか。毎回、子供たちが大活躍のハリポタシリーズですが、今作はマギー・スミス演じるマクゴナガル先生はじめ、ロンやドラコのお母さん方のマダム陣が、なかなかかっこいい所をみせつけているのです。スネイプ先生は、幼少期の美少年ぶりが必見です。ふふ。

本は未読なので、あんな終わり方になるとは思ってなかったなあ。ウィーンの友人たちは、小さな子供がいる人が多いので、子供と一緒に、あるいは自分だけが本を読んでしまったという読書家ばかり。親子で楽しめる本や映画っていいですね。
友人たちのお子さんは、ちょうどハリーポッターシリーズの1作目の女優、男優陣と同じくらいの歳だし、きっと今回の映画のエンディングを自分の子供の将来に重ねて、また違った楽しみ方をしているかな、と思いました。



by rutsu_tobii | 2011-08-03 13:01 | 映画

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30