トビイ ルツのTraveling Mind

国立図書館

読書家ではないのですが、本に囲まれた部屋が好きです。

アントワープの世界遺産にもなっているプランタン・モレトゥス印刷美術館の薄暗くてちょっとコワイ図書室が大好きだったのですが、ここウィーンの国立図書館は、豪華絢爛。天井にはフレスコ画、大理石の床に石柱、天井にまで届く高い本棚に王家の蔵書がぎっしり詰まっています。

なんで図書館なのに、ここまで豪華にする必要があるのだろう、と思ってしまいますが、王家に人々が歴史や記録をというものを宝のように大切にしていた現れなのかな。
国立図書館_d0069964_4555119.jpg
今や電子書籍やアーカイブがデジタル化されている時代だけに、なおさらこんな図書館は貴重でしょうね!
ウィーンには他にもすごい図書館があるみたいなので、近々観に行ってこようと思います。



by rutsu_tobii | 2011-08-19 22:09 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30