トビイ ルツのTraveling Mind

アートなゴミ焼却場

リヒテンシュタイン美術館の帰りに、行き先を間違った電車に乗ったおかげで、偶然、ウィーンの有名なスポットに来ることができました。地下鉄U4のシュピッテラウ駅前にある、アーティストフンデルトヴァッサーが建築デザインした、シュピッテラウのゴミ焼却場です。
アートなゴミ焼却場_d0069964_6101880.jpg

オーストリアが原発ゼロで、再生エネルギーの利用にも熱心なヨーロッパ屈指の環境先進国ということは、以前にもブログで書きましたが、こんなに人目をひくアート作品がゴミ施設と融合しているとは!自然と人々の関心も集まるというものです。機能としても処理能力に優れた最先端で、ここでゴミの焼却された排熱は、市内の26万世帯もの温水や暖房に利用されているのだとか。

フンデルトヴァッサーは、カラフルでオーガニックな形状が特徴的な絵画や建築デザインで知られるオーストリアの有名なアーティストで、環境保護にも熱心な人だったそうです。

この焼却場を紹介した私のツイートを見た方が、「大阪も負けてません」と舞洲にあるゴミ焼却場のことを知らせてくれました。なんと、シュピッテラウとそっくりなフンデルトヴァッサーがデザインしたゴミ焼却場が舞洲にもあるのですね!普通、ゴミ焼却場は、どの街でも忌み嫌われるものですが、環境のことをみんなに考えてもらうためにも、フンデルトヴァッサーのデザインしたような焼却場が、世界中に増えるのに賛成です。



by rutsu_tobii | 2011-08-26 23:12 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30