トビイ ルツのTraveling Mind

ファッション写真展VANITY 追記

ファッション写真展『VANITY』で紹介されていた写真家たちのプロフィールを見ると、元々、グラフィックデザイナーとして活躍していたり、エンジニアから写真家に転向したり、建築を勉強した後にファッション写真家を目指したりと、最初から写真やファッションを勉強したりといった人が目につきました。

今年の8月に惜しくも亡くなった写真家の小泉佳春さんは、確か、元々は写真技術者だったと記憶しているのですが、広告写真で有名な上田義彦さんに師事された方。アシスタントを志望して、スタジオを訪れた際は、自分の作品のポートフォリオを全く持っていなかったので、かわりにそれまでに趣味で描いていた絵を見せて、写真家としてのセンスの素養を判断してもらったとお話していたのを思い出しました。

ファッション写真の魅力は、洋服が主役の場合、ドレープの陰影だったり、全体のシルエット、色のコントラストなど、写真家の切り取るシーンでそれぞれの美しさに気づかされること。グラフィックデザイナーや建築家など、写真家たちのバックグラウンドが、そんなところに表現される発見も楽しかったです。

会場では1930年代から現在までの、VOGUEやHARPERS BAZAAR、IDのバックナンバーの表紙の展示もあって、見応え十分。ウェブの方ではウィーンのストリートファッションも紹介されているようですので、チェックしてみてくださいね。

ファッション写真展 VANITY はKUNSTALLE WIENで2012年2月12日まで。



by rutsu_tobii | 2011-11-11 14:49 | アート&デザイン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ