トビイ ルツのTraveling Mind

ふるさとの旅

お正月も終わりましたが、引き続き、九州の別府に滞在しています。ずっと絵本の原画制作をやっているのですが、ようやく終わりが見えてきました。まだ取材や打ち合わせがあるので、ウィーンに戻るのはもう少し先になる予定です。

昨年は、およそ半年の間に滞在先を「高層ビルが囲む東京都心→緑の多いウィーンの郊外→温泉地の別府」と移動しましたが、超過密でハイパーな都会から、のんびりした地方に段階的に移ったのは、体も心も環境の変化に次第に慣れてよかったかも。
実は、ウィーンでの初日は周囲が静か過ぎて、夜中に目が覚めて恐怖を覚えたくらいだったのですが(笑)、きっと別府からウィーンに戻る時は、また街が違った印象になるのでしょうね。

旅に行って戻ってくると、必ず気持ちが新鮮になって日常が違って見えるもの。別府は故郷ではあるものの、長い間、離れていたので、まだ「旅先」のような気がします。

先日、かねてから好評なうわさを聞いていた、別府の街を紹介したフリーペーパー『旅手帖beppu』をようやく入手し、さらに故郷への視点を新たにしています。
街の歴史や名物、たまたま紹介されていたお菓子屋さんの同級生の生い立ちまで、私が知らないことばかり。写真の中の街の姿も新鮮に感じられます。

街も人も、自分の心も、時が経てば変化するもの。
どこにいようとも、日常もまた、旅なのですね。
d0069964_23205934.jpg




by rutsu_tobii | 2012-01-07 23:16 | 国内の旅
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

フォロー中のブログ