トビイ ルツのTraveling Mind

ウィーンのカフェ雑感 その1

ブログを訪問してくださった方から、ウィーンのお薦めのカフェについて聞かれたので、ちょっと書いてみたいと思います。とはいえ、数あるカフェで、私が個人的に見知る限り、感じる限りのことを書くまでですが。

東京でカフェやコーヒーショップで仕事するスタイルが身についてたせいか、昨年はウィーンでもあちこちカフェにいって、いろんな角度から居心地を確かめていた気がします。そのせいでしょうか、以前にブログでも書きましたが、ウィーンのカフェでまず素晴らしいな、と感じたのは、実はコーヒーの味よりも(!)、「無料のWiFiが多くのカフェで利用できる」ということでした。(笑)
ガイドブックに載っている観光客に人気の老舗カフェなら、たいてい繋がります。これは、現代の旅行客にとってかなり便利、いわんやノートPCを持ち込んでノマド仕事をする方々にも、大変ありがたいことです。(電源カフェはさすがにないようですが)。ヨーロッパの大都市で、カフェにこんなに無料のWiFiが普及している都市はないはず。ウィーンのカフェは、頼めば無料でおいしいアルプスのお水をいただけますが、これもヨーロッパの他の国ではないことですね。タダほど高いものはありません。(笑)

カフェの好みは、人それぞれあると思うのですが、ウィーンはコーヒーに加え、やはりトルテ(ケーキ)などのスイーツを楽しみにされている人が多いと思います。でも、伝統的なウィーンのケーキは見た目も装飾的ではなく、素朴な材料と味のものがほとんど。私には、フランスや日本のケーキの芸術的で複雑な味のケーキが、恋しく思われることもしばしばです。ただ、ウィーンのトルテはでかいですよ!(笑)

私は地元客と観光客がほどよく混じり合い、なおかつ、それぞれがカフェで、食事やお茶以外に、本を読んだり、打ち合わせをしたり、PCで何かやっていたり、いろんなシーンが観られるカフェが好きです。その点で、ウィーンの老舗カフェの中では、古色騒然とした文豪カフェ風のカフェ・シュペール Cafe Sperlは好みかも。東欧から来た女中さん風のスタッフの気だるい雰囲気も媚びてなくていいのです。(笑)自家製のトルテはとっても家庭的な感じです。
ウィーンのカフェ雑感 その1_d0069964_5505345.jpg

入り口をはさんでシンメトリーな店内の反対側には、ビリヤード台が置かれたスペースがあります。
ウィーンのカフェ雑感 その1_d0069964_5452317.jpg

ザッハートルテを頼んだら、ホテルザッハーのカチカチで超甘なチョコにコーティングされたものとは真反対の、トローンとチョコレートがとろけた出来立てふわふわトルテがでてきて、びっくり。

地元の年配の友人との待ち合わせで、よく利用するのは(というか、一方的に指定されるんですが 笑)カフェ・プリュッケルCafe Pruckel
です。ここもコーヒーもスイーツも素朴な老舗カフェなのですが、ローカルの常連客に人気が高いようで、客がいつも長居して好き勝手やっています。PCで仕事する人、スケッチブックを持ってカフェの中で別の客のデッサンをやっている人(しかも集団)、私もここで友人と食べたり飲んだりしながら5時間近くも過ごした覚えがあります。禁煙席のユルゲンシュティールの内装は素敵ですよ。外装も、最近新しくなったようで、きれいになってました。
ウィーンのカフェ雑感 その1_d0069964_546651.jpg

ウィーンのトルテの定番、トプフェンシュトゥーデル(チーズケーキ)は甘すぎずおいしい。
ウィーンのカフェ雑感 その1_d0069964_5462939.jpg


雑感2につづきます。



by rutsu_tobii | 2012-07-16 23:06 |

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30