トビイ ルツのTraveling Mind

オーストリアの水と塩

寒暖の差の激しい日が続いているウィーン。日本も天候不順で体調を崩しやすいお天気のようですね。私もうっかりしていると、風邪をひきやすいのですが、代替治療を学んでいる日本人の方から、健康維持のために毎日、海でできた塩をわずかに入れた水をこまめに飲むようにすすめられました。

人の体の多くは水で作られていて、その水が体内にうまく取り込まれていることで、血液やリンパの流れ、代謝を正常に保つことができます。真水を飲むよりも、天然のカリウムやマグネシウムなどミネラルが含まれた海の塩を入れることで、水がより体液に近いPHになり、より体に吸収されやすくなるというお話でした。

実際のところ、普通の水はたくさんは飲めませんが、ほんのちょっとだけ塩を入れることで味もまろやかになり、喉を通りやすいので、朝、一番に飲む白湯に平戸の「イキの塩」を入れて飲むようにしています。マクロビオティックを勉強している日本の友人からお薦め!といただいたもので、料理にもすごく重宝しているのですが、ほんのちょっとの量でかなり塩味が強いお塩です。

熱中症も心配な季節ですが、汗で体の水分だけでなく塩分も奪われがち。持ち歩くミネラルウォーターにほんのちょっとお塩を入れておくのがいいのかもしれませんね。

ちなみに、ウィーンの中心街のGraben通りなどには、名物のおいしいアルプスの水が飲めるスポットがいくつかあります。塩も国の名産のひとつなのですが、こちらは山でとれたお塩。スーパーや食料品店でいくつかの種類を販売しています。オーストリアのソーセージや薫製肉がおいしいのは、この塩にも秘密があるんじゃないかな。ぜひお試しを!



by rutsu_tobii | 2012-07-23 21:08 | 健康&美容

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30