トビイ ルツのTraveling Mind

アウガルテン磁器工房

ハプスブルク家の御用達として知られる老舗の磁器工房、アウガルテンの博物館の展示室で、おもしろいものを発見しました。
アウガルテン磁器工房_d0069964_18102331.jpg
アウガルテン磁器工房_d0069964_1810823.jpg


オーストリアでおなじみの代表的なパン「カイザーセンメル」なのですが、本物と見まごう出来映えです。(形にいろんなバリエーションがありますが、こちらのwikipediaの写真が典型的)「カイザーセンメル」とは「カイザー(皇帝)のロールパン」という意味のパンで、皇帝とはハプスブルク家の19世紀後半の統治者、皇帝フランツ・ヨーゼフのこと。彼がお気に入りだったパンをアウガルテンが職人魂をみせて作ったわけですね。
ちょうど訪れたのは皇帝の誕生日にあたる8月18日だったのですが、かつて誕生日には領土の村や町でカイザーセンメルがお祝いに配られていたとか。

このようなユーモラスな作品があるのも驚きですが、工房では、アウガルテンならではの優雅な絵付けが施された食器や置物など、時代ごとに様々にスタイルを変えた作品の数々を見ることができます。
アウガルテン磁器工房_d0069964_1954067.jpg


場所の名前に「ガルテン(庭)」がつくだけあって、素敵なお庭があります。なんでもウィーン最古のバロック庭園だそうですが、草木の枝葉がきっちりと切り揃えられているのではなく、どこか素朴さが残る風情があります。そして、そこにはある種、異様な雰囲気をたたえた巨大な建物が建っているのです。なんじゃ、あれは!?
アウガルテン磁器工房_d0069964_21143865.jpg

この建物と同じものが、ウィーン市内に数カ所あるのですが、この話はまた後日。



by rutsu_tobii | 2012-08-19 23:30 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30