トビイ ルツのTraveling Mind

シューンブルン動物園のリニューアル

ようやく太陽の勢力が増してきたウィーン。ひさしぶりにシューンブルン動物園に足を運びました。ここの美しい自然と動物たちにはいつも癒され、毎回、何かしら発見があって創作のインスピレーションをもらえます。

昨年の夏以来だったのですが、パンダの子供のフーフーが残念ながら中国に帰国していました。またの新しい子供の誕生に期待したいところです。

ここでは孔雀が園内で放し飼いになっているのですが、今日は孔雀が地面から柵へ、柵から木へと「飛び移って」いる姿に遭遇。孔雀も飛べるのだと知り、感慨深かったです。(笑)

ひさびさに観たシカさんの角が「異常なくらい」伸びていて、すごく重そうでした。首が凝ってイライラしないのかしら、切ってあげなくても大丈夫なのかしら、とちょっと心配になりましたが、余計なお世話なのでしょうか?(笑)

新しく「お猿の展示館」がリニューアルオープンしていました。内装はまるで別荘風の優雅な作りで数種類のお猿さんの展示と、2階は猿にまつわる絵や置物などが展示された文化的なギャラリーになっていて楽しいです。

ずっと大規模な工事が続いている「白熊の館」ですが、いまだに工事中でした。完成したら壮大な風景になるはずで、ずっと楽しみにしています。

そして、ここはいつも平日でも多くの子供達や家族連れ、地元や観光客も含め多くの見学者で賑わっています。高齢者や車椅子を利用される方も快適に楽しめるバリアフリーの動物園です。人のいない動物園ほど寂しく感じる場所はありません。これからも活気に溢れ、進化し続けることでしょう。



by rutsu_tobii | 2013-06-12 22:23 | 海外の旅

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30