トビイ ルツのTraveling Mind

ナッシュマルクトの蚤の市

ウィーンの食の市場として有名なナッシュマルクト。毎週土曜日には蚤の市が開かれていることでも有名ですが、ひさしぶりにスパイス類の買い物ついでに物色してきました。ベルギーに住んでいた頃は、蚤の市が大好きであちこちにでかけたものですが、中欧の街ウィーンの蚤の市はやはりモノのテイストが全然違ってきます。出店者の多くはハンガリーやチェコといった近隣の東欧の国の人々も多く、家電や衣類といった、生活感溢れる品もたくさん。ベルギーの蚤の市では、気に入った食器はババリア製(バイエルン地方=南ドイツ、オーストリア国境あたり)のものがわりと多かったのですが、なぜか地理的にずっと近いこの蚤の市では私好みのものは、一向にお目にかかりません。いつか「おっ」と思うものに出会えるでしょうか。

そういえば、昨年の夏にお借りしていた家を引き払う際、家の中に残っていた家具など一切の不要品の処分を手伝った時のこと。市の粗大ゴミを扱う収集所に古いフロアランプを持っていったのですが、「まだ使えそうだからもらっておくよ」と職員の人に言われました。実際、まだ電気はついたし、状態はイマイチだったものの、1950年代スタイルの悪くはないデザインだったのです。
もしかしたら、あのランプも、職員から古道具屋の店主の手に渡り、きちんと修理とクリーニングされて、どこかの蚤の市に出されているのかもしれません。



by rutsu_tobii | 2013-06-30 13:01 |

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30