トビイ ルツのTraveling Mind

市民のためのアートスペース

ウィーンは最高気温37℃を記録した暑い週末でした。暑すぎる街には人がいません。ウィーンっこは休暇に行ってしまってるか、郊外に避難している模様(笑)月の最初の土日しかやっていないSpittelbergのハンドクラフトマーケットに出かけたのですが、案の定、出店も人出も少なく残念な感じでした。
市民のためのアートスペース_d0069964_2223374.jpg

暑い中の外出ついでに、たまたまメトロでポスターをみかけて、気になっていた展覧会に出向くことに。MUSA美術館という、ギャラリーを併設した市の運営する現代美術の美術館です。美術館は市役所のすぐ隣にあり、歴史ある古い建物の一角。規模は小さいながらも内装は新しく、冷房完備(!)で快適。オーストリアのアーティストの1970年代の作品展を鑑賞しましたが、いくつかおもしろい作品がみれました。訪れた際にはちょうどガイドツアーが行われていて、啓蒙活動にも力を入れているよう。この暑さにもかかわらず来館してた10人ほどのローカル客とおぼしき方たちが、ガイドの話に熱心に聞き入っていました。

美術館は2007年にオープンしたばかりだそうでした。ここでは、ウィーンの若い芸術家たちが初個展を開く際に、よい条件で場所を提供したり、市民は併設のリースセンターに所蔵されている1500点以上の作品の中から、好きな作品をレンタルすることもできるのだとか。リース料は月にわずか2.5ユーロ!市民が身近にアートを楽しめるいいアイデアですね。近年、アーティストへの助成金も減らされつつあると聞きましたが、ウィーンはやはり芸術環境が豊かな街と感じました。
市民のためのアートスペース_d0069964_2073513.jpg

美術館はもちろんバリアフリー。入り口には、気のきいたデザインのヘルプボタンが。日本にもこんな場所が増えるといいですね。



by rutsu_tobii | 2013-08-04 11:30 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30