トビイ ルツのTraveling Mind

ウィーンの近代・現代建築

ウィーンでは数年に渡って続いている国鉄の駅の改築工事。先日、改築中の南駅(ウィーン・マイドリング駅)に降り立ってみると、かなり現代的な(というか未来的な)外観の駅に生まれ変わりつつあります。新しくできていた展望台や、プラットフォーム上の屋根の部分を遠目に眺めて、なんだか超合金のロボットアームを連想してしまいました。(笑)

歴史的な建築物の古い街並の印象が強いウィーンですが、1960年代から現在までの新しい建築物も、見るべきものがたくさんあって、建築好きには楽しい街です。
ショッピングモールがオープンしたばかりの国鉄の中央駅(ミッテ)は、 *Ortner Ortner and Neumann + Steinerの設計. 
*当初ジャン・ヌーベルと誤情報を表記してしまっていました。お詫びして訂正します。

ウィーンの近代・現代建築_d0069964_16505374.jpg
ウィーンの近代・現代建築_d0069964_171032100.jpg

周囲を陸続きの8つの異なる外国に囲まれたオーストリアだけあって、首都ウィーンの国鉄駅は国際列車が発着する「国の顔」的な場所。美しく快適になるのはいいことですね。

他にもフランスのスター建築家、ジャン・ヌーベルの手がけた建築物の、ソフィテルホテルや19世紀のガスタンクの古い建築物を改築したガソ・メーター(写真下)などが市内にいくつかあります。
ウィーンの近代・現代建築_d0069964_63109.jpg

東京の新しい国立競技場の設計を手がけることになっているザハ・ハディッドの建築物など、建築名所はつきません。新しい時代の建築物がどのようにウィーンの古い街並にとけ込んでいくのか楽しみです。



by rutsu_tobii | 2013-08-23 17:50 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30