トビイ ルツのTraveling Mind

幻の花『百蓮』

日本の朝のエンタテイメント、NHKの朝の連続テレビ小説を毎朝楽しみにしている私。現在放映中の『アンと花子』主人公のモデルは、小学校の頃の愛読書の数々の翻訳者である村岡花子さんです。私の心の故郷アントワープを舞台にした『フランダースの犬』のお話も村岡さんの翻訳だそうで、親近感が湧きます。しかもこのドラマに花子さんの腹心の友として登場する葉山/加納蓮子さん(役柄名)は、なんと実家のある別府に縁がある方と知りました。柳原百連という名前の歌人として知られた彼女は、私が小さい頃に住んでいた家の近くにあった別荘に、度々、訪れていたそうです。炭坑王である夫が彼女のために作ったといわれる銅御殿(あかがねごてん)と呼ばれていた豪華な日本屋敷。後に「百蓮事件」とよばれる、駆け落ち相手の青年(後の旦那様)と出会ったのもこの場所だったとか。残念ながら、その建物はすでに取り壊されてしまったようですが、百連さんを忍ぶ名物がありました。
d0069964_23352126.jpg

別府の名菓『百蓮』。ゴマ風味のダックワース風で、大正ロマンをテーマにした和洋折衷なお菓子。番組の人気にあやかってヒットするといいなあ。



by rutsu_tobii | 2014-05-11 23:59 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ