トビイ ルツのTraveling Mind

冨士屋Gallery

11月の個展会場である、鉄輪(かんなわ)にある冨士屋Galleryさんを訪問しました。鉄輪は、別府八湯(べっぷはっとう)とよばれる市内の代表的な8カ所の温泉地の中でも、最も別府らしい風景がある所。あちこちから湯煙が立ち上る街並に、昔からの湯治場や温泉旅館が集まっていて、湯気を含んだ空気のせいか、歩いているだけでとてもゆったりした気分になる地域です。
冨士屋Gallery_d0069964_9405592.jpg

瀟洒な日本建築で有名な、鉄輪の名所でもある富士屋Galleryは、元は今のオーナーの曾祖父にあたる方が、明治時代に始めた高級旅館だったそうです。HPにも詳しくありますが、顧客の中には『花子とアン』で一躍注目された筑豊の炭坑王の伊藤伝右衛門も名前を連ねていたとか。彼はこの旅館がきっかけで別府が気に入り、後に妻の百連さんも足繁く通うことになる伊藤別荘、通称「赤銅(あかがね)御殿」とよばれる別府の別荘の建築に至ったのだそうです。残念ながら赤銅御殿をはじめ、市内の明治の建築物がほとんどなくなっている中で、貴重な冨士屋さんの建築物は国の登録有形文化財に指定されています。

日頃から文化的なイベントが開催されている場所で、2年前の訪問時には、現代美術のトリエンナーレ『混浴温泉世界』の会場のひとつとして、チェ・ジウさんの作品が展示されていました。今回の訪問は、それ以来。元旅館ならではのおもてなしの空気感もそのままに、いつまでも長居したくなるような、心地のよい静寂が満ちたゆったりとした空間です。
冨士屋Gallery_d0069964_11593855.jpg

個展は、吹き抜けの天井と日本庭園を望むカフェスペースもある1階と、鉄輪の街並を望む2階の両方のスペースを使って行われます。素敵な場所だけにワクワクと同時に、ちょっと緊張してきました〜。
冨士屋Gallery_d0069964_9413199.jpg

1階のセレクトショップでは、大分をはじめ九州の素敵なクラフトワークたくさん見つかります。

ここに、冨士屋オリジナルの人気の商品がありました。(つづく)
タグ:



by rutsu_tobii | 2014-10-11 23:59 | 著作本

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30