トビイ ルツのTraveling Mind

ウィーンの心の旅

先日、国立オペラ座で観光でウィーンに来ていた若いロシア人女性と、偶然、知り合いになりました。ホワイエで「シャッターを押してくれませんか?」と頼まれたことをきっかけに、話をしたのですが、なんと彼女は某日本テレビ局のモスクワ支局のスタッフと判明。流暢な日本語を話し、知的なロシア美人の彼女とすっかり話がはずみ、その後2日間に渡って街を案内するまでに仲良くなりました。

実は、私はその日、演目を間違えてチケットを買ってしまい、苦手なオペラを観ることになってどんよりしていたのですが、おかげでまだ行ったことのないモスクワの住宅事情から、ロシア女性の恋愛事情まで、多岐に渡りいろいろとお話を聞くことができたのです。

飛び込みの観光客も多い、立ち見席でよくあることなのですが、隣あわせになった見知らぬ人と思いがけず話をすることがあります。ヨーロッパ中のオペラ座を巡っているイスラエル人の音大生、出張でウィーンに来ていたバングラディシュ系イギリス人の女性など、印象に残った出会いも多く、ひとときでも一緒に笑っていろんな話をシェアする機会がある度に、大きな喜びを感じます。

一方で、先日訪れたある博物館でたまたま話をしたガードマンの方は、アフガニスタンからの移民でした。本国では長年、政治雑誌の編集長をしていたジャーナリストだったのに、政治犯として10年間も投獄された後、ウィーンに移り住んだそうでした。

ウィーンでは、世界から集まる人々の話を聞いて、いろんな場所に思いを馳せることができます。つかの間の心の旅ですが、かなりマイレージがたまったかもなあ。
d0069964_23375670.jpg

追記:ロシア人の彼女には、シェーンブルン宮殿と「私の庭」とよぶ(笑)動物園にも案内したのですが、動物たちは連日の暑さでどのコもぐったり。パンダさんもお腹を床にくっつけて、すごい格好でお昼寝中でした。



by rutsu_tobii | 2015-06-12 23:59 | 社会 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59