トビイ ルツのTraveling Mind

博物館でタイムトラベル

長い歴史と、かつて遠くは南アメリカに及ぶ広大な領土を持っていたオーストリア。それだけに、ウィーンにある美術館・博物館の数は膨大です。中には犯罪やお葬式といったダークな知的好奇心を刺激するものから、チョコレートやお酒といった煩悩を刺激するものまで、驚くほど多彩。

ひとつひとつ訪れては個性的なコレクションを楽しんでいるのですが、昨日、訪れた「産業技術博物館」は素晴らしい場所でした。ここでは、人類の技術進化のすべてが見れるといって過言ではありません。人の生活を便利にしてきた自然法則や物理学の知識に始まって、現在の生活に使われている車や飛行機、家電類に至るまで、広大な敷地内に実に楽しくプレゼンテーションされています。

引力や遠心力といった物理の仕組みや、動力のメカニズムを紹介するコーナーでは、実際に見たり、触って確かめることができる本格的な実験模型が、たくさん。休日だけに、館内は親子連れでいっぱいでしたが、大人も子供も夢中になって実験に挑戦していました。中には一人で来ていた若い女性もいて、ボッチもなんのその、大きな装置で身体をはった力学実験にも次々とトライしているではありませんか。リケジョなのかしらん、とそんな彼女を微笑ましく観察する私。(笑)

2階から上は、エレガントなアールヌーボーの内観に、蒸気機関車や飛行船、巨大な歯車の重機が、まるでテーマパークのアトラクションのようにそびえ立っています。天窓からの光を浴びて、クラシックな機械の数々は美しく映え、産業革命時代のベルエポックを思わせます。まるで映画の舞台装置みたい。

美術館や博物館の素晴らしいところは、その世界観に没頭できることにもあります。「産業技術博物館」は、時空を超えたタイムトラベルが体験できた素敵な場所でした。



by rutsu_tobii | 2015-06-22 23:59 | アート&デザイン | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ