トビイ ルツのTraveling Mind

特別なクリスマス

今年のクリスマスは、大家さんと友人家族のお宅に招いていただき、それぞれのお家ならではのクリスマスのスタイルを経験させてもらいました。

お料理の得意な大家さんのご家庭のクリスマスのメイン料理は、鯉。中央ヨーロッパではクリスマスに魚を食べる習慣があるのは知っていましたが、実際に食べるのは初めて。大家さんのお宅では、シュニッツエルのように衣をつけたオーガニックの鯉をたっぷりの油で焼き、レモンを絞っていただきました。 
アーモンドの粉を使ったヴァニラキプフェルや、リンツァーオーゲンとよばれるあんずジャムを使ったクリスマス菓子も、大家さんの手作り。日頃からしょっちゅうお菓子を手作りしてはおすそわけしてくれるのですが、家庭料理の温かさがいっぱいのお食事でした。

友人宅でもいろいろと珍しいものをいただきました。クリスマスケーキは、ニュージーランドから帰国中のお姉さんが手作りした「パブロヴァ」というメレンゲケーキ。白いメレンゲと生クリームにイチゴが乗ったケーキは、ニュージーランドのクリスマスケーキの定番だそうです。
木の実から作ったほろ苦い蒸留酒も、初めて飲みました。青いカシューナッツを使って作るシュナップス。とある農家の女性がお父さんから受け継いだオリジナルのレシピで、クリスマスマーケットで売る時だけに作るものだそうでした。

お家の居間に2mほどの高さの大きなクリスマスツリーが、美しく飾りつけられていました。ツリーの下には、宛名が書かれたプレゼントが置かれています。部屋の電気を消して、ツリーにつけたロウソクに火を灯すと、部屋にいたみんなが一緒に「もみの木」や「きよしこの夜」を静かに歌い始めました。もちろんドイツ語なのですが、日本でも親しまれている歌が聞けた親近感と、クリスマスならではの親密で温かい雰囲気にとても感動した瞬間です。

クリスマスツリーの下には、友人家族から私宛へのカードがあって、そこには、後日受け取る素敵なプレゼントのことが書かれていました。今年のクリスマスは、たくさんの人のおかげで、とても特別なものになりました。
d0069964_06014138.jpg





by rutsu_tobii | 2015-12-26 23:59 | 海外の旅 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

初めての砂湯体験
at 2018-10-13 23:59
アニッシュ カプーア IN 別府
at 2018-10-08 23:59
生き方を学ぶ
at 2018-10-03 23:59
ウォルフガング湖
at 2018-09-22 23:59
ザルツブルクの朝市
at 2018-09-21 23:59

フォロー中のブログ