トビイ ルツのTraveling Mind

あけましておめでとうございます

新年は大家さんのご家族と、お向かいに住む一人暮らしのエルナおばあちゃん、そして彼女の愛犬アントン君と迎えました。

ウィーンの新年は、たくさんの花火でお祝いすると聞いていましたが、思いがけず、多くの見事な花火を窓越しに観ることができました。
というのも、てっきり街中の人の集まる場所だけでオフィシャルなイベントとして、大きな花火が観られるものと思っていたからです。
実際のところ、郊外の住宅地にもかかわらず、大晦日は21時過ぎた頃からすでにあちこちで花火が上がり始め、23時過ぎにはさらに、その数が増え始めました。そして、年の変わった午前0時に賑やかさは最高潮。ご近所の個人の方々の気合いの入ったお祝いに便乗して、眺めを楽しませていただきました。

大家さんがご用意してくれた夜食のテーブルには、豚さんやてんとう虫、マッシュルームや煙突掃除人さんの小さな置物が置かれていました。これらはすべて、ドイツやオーストリアでいわれる新年の「縁起物」。クリスマス明けから大晦日にかけて、駅前やスーパーの一角で、これらの置物が売られているのを見かけましたが、人によっては毎年のように買って集めたり、贈り物にするのだそうです。

花火の賑やかさに加えて、夜が更けても元気の衰えない大家さんとエルナおばあちゃんの会話に頑張ってついていき、床についたのは夜中の3時過ぎ。クリスマスから新年にかけてのお祭りシーズンは、一応のフィナーレを迎えたのでした。





by rutsu_tobii | 2016-01-03 23:59 | 海外の旅

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30