トビイ ルツのTraveling Mind

雪の動物園

あいかわらず暖冬傾向のウィーンですが、雪が降った翌日の日曜日、シューンブルン動物園に行ってきました。雪の中で動物達がどう過ごしているのか、気になったからです。

当日は気温も8度くらいまで上がり、積もった雪もかなり溶けてしまっていましたが、夏の暑い時期とはまた違った動物園内の様子を見ることができました。
雪の中をのしのし歩き回って元気なコがいるなあ、と思ったらシベリアトラでした。シベリアの冬の寒さを思えば、今頃のウィーンの気温なんて春のようなものなのでしょう。今まで見た中で、一番生き生きした姿に見えました。

雪の動物園_d0069964_04422962.jpg
さらに元気そうだったのが、白クマさんでした。白クマの展示ホールは長い間建設工事中だったので、今回、初めて見ることができました。水の中を泳ぎ回る様子は迫力があります。

実は今回、白オオカミと白クジャクも初めてお目見えしていました。雪がお似合いの白い動物たち。私が今までたまたま気がつかなかっただけなのかもしれませんが、暑い時期と寒い時期は観覧できる動物の入れ替えがあるのかもしれません。今回、キリンのお家が改装工事中でお留守のようでしたし、フラミンゴたちもさすがに冬場は厩舎の中にいて、優雅なおみ足を眺めることはできませんでした。
雪の動物園_d0069964_04562941.jpg


それにしても、さすがに冬場はみなさん毛並みがよく、近くで見るとフワフワ、ツヤツヤしています。
寒さでワラビーが凍ったようにじっとしていたり、おさるさんが暖房器具にしがみついていたり、寒がりの動物たちの様子もまた観察していて楽しいもの。雪の園内は、場所によっては立ち入りが制限されてしまいますが、緑の豊富な夏場とはまた違う景色に冬の楽しみを見つけられます。


タグ:



by rutsu_tobii | 2016-01-31 23:59 | 海外の旅
<< 読書感想画中央コンクール表彰式 ヨーゼフ・フランク展 >>

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ