トビイ ルツのTraveling Mind

長崎の旅を紹介

全日空機内誌国際版WINGSPAN4月号に、長崎旅行のイラストエッセイの記事が5ページにわたって掲載されています。
d0069964_11462421.jpg

長崎市は鎖国時代も日本の窓として、海外との文化・経済交流の長い歴史をもつ場所。日本、中国、南蛮文化が溶け合った「和華蘭(わからん)」とよばれるスタイルのブレンドが、建築や食など至るところで感じられるエキゾチックな町です。

今回は、世界遺産にもなっているグラバー園、丸山の老舗料亭「花月」での卓袱料理、復元中の出島で体験した「ベストブレンド」をご紹介しています。

グラバー園では人気のレトロドレスのレンタルと撮影を体験。最近、多くの観光地で人気のコスチュームレンタルですが、実際に体験してみると旅ならではの「非日常感」が倍増します。
d0069964_11511692.jpg

史跡料亭「花月」では、堂々とした店構え、お料理はもちろんのこと、卓袱料理にまつわるさまざまなお話を丁寧に解説してくださった仲居さんのおもてなしに、日本のよさを感じる場所でした。
d0069964_12032939.jpg

そして一度は姿を消してしまったものの、復元で次第に当時の姿を取り戻しつつある出島。ここでも着物のレンタルが大人気で、和装姿の外国人旅行客や日本人の修学旅行生たちが交流し、観覧を楽しむ姿は当時の様子を再現するようで印象的でした。

旅行も「コト(体験)消費」が人気といわれますが、旅先という舞台の世界感に浸り、人々と混じり合う体験は楽しいもの。新しい発見のあった旅でした。




by rutsu_tobii | 2018-04-07 12:00 | 文章の仕事
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
通知を受け取る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

フォロー中のブログ