トビイ ルツのTraveling Mind

めだかの滝登り

日曜日はめだかの水槽の水を取り替える日。室内暮らしの「ヒルズ族めだか」になってからは、週1回、お住まいのお掃除をしてもらえる身分になりました。

ついでに点呼をとると、本日現在、オス&メスのラブラブめだか一対(サイズ大)と、子供めだか3匹(サイズ中1&小2)、新月生まれのベビー2匹(共にサイズ極小)の、計7匹が順調に育っています。
子供めだかのサイズ中は、ちょっとブルーがかっていて種類が違うみたい。他と見分けやすくて可愛いので、名前をつけたくなる衝動にかられますが、出張中にめだかを預けていたMちゃんが「めだかに名前をつけると、早くバリに行ってしまう(=早く天国に行ってしまう)」というジンクスを作ってしまったので、あいかわらず名無しです。

お掃除は、プランタの水槽内の水の3分の2を捨てて、前日から汲み置きしておいた水道水を流し込むだけなのですが、その間のめだかの挙動が、かなり不思議です。
カップで何度か水を汲み出して捨てる間、どんどん水位が減ってきても、めだか達は逃げ回るわけでもなく、「なんだなんだ?」という感じで、キョドってじっとしております。文字どおり「状況に流されるまま」で、時々、流れるプールで遊ぶ子供みたいに「うわーい」と、カップの中に吸い込まれるように入ってくるのを見ると、「ろくに抵抗もせず、君達に生きる気力はあるのか?」と受け身な姿勢に説教したくなります。(あくまで勝手な実況)

水を捨て終わると新しい水を注入するのですが、今度は反応が逆。ペットボトルに入った水を流し込むと、親メダカはもちろん、糸くず大のベビーめだかまでも、勢いよく流れる水の注ぎ口に「われもわれも」と寄ってくるのです。さっきまでの「流されるまま」の受け身な姿勢とまるで反対。どんどん水を激しく流し入れるほど、流れに逆らって注ぎ口に寄ってきます。
まるで上流に向かって滝登りするサケか、大波を楽しむサーファーみたい。
「ひゃっほーう」と声が聞こえてきそうです。(あくまで勝手な実況)

めだかは環境の変化に弱いと聞いているので、水の取り替えの時はむしろ、ちょっとパニックになるのでは、位に思っていたのですが、かなり不思議な反応です。
思えば、もともと川に住んでいたコ達なので、「水の流れ」が恋しいのかも。そう思うと、不憫になってきました。(あくまで勝手な想像)

時々、「流れ」をつくって遊んであげようかな。本当は「流しそうめん」みたいな水槽がいいのかもしれませんね。
タグ:



by rutsu_tobii | 2006-07-30 22:46 | めだか

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30