トビイ ルツのTraveling Mind

アートな車

今日は、トヨタの新車発表会に取材に行ってきました。ここ数年、発表された車の中でも最高峰と誉れの高い、トヨタの『レクサスLS460』です。
席の後ろに車の評論家でとして有名な徳大寺先生がでん、と控え、免許も持たない私なんぞが取材に来てもいーのでしょうか、と恐縮しましたが、それには理由が。レクサスLSはもちろんのこと、今回の発表会自体、かなり従来のものと異なっているのです。
場所は初台の新国立劇場。舞台を使っての新車発表は、チェロの演奏やオペラ歌手、バレエダンサーなどを迎えた芸術的なイントロダクションの後に、行われたのでした。演出は、フランスの98年の W杯セレモニーや、ミレニアムセレモニーなどで知られるフランス人の有名演出家のペピン氏。他にも、新進フラワーアーティストのいけた花や、氷の灯籠、ミラノサローネで話題になった「真っ白なレクサス」の展示など、かなり芸術度の高い新作発表会だったのです。

肝心のLS車は、デザイン面はもちろんのこと、技術、精神性、知性など、どれをとっても先端的。「運転者がよそ見をしていたら、車が感知して警報を鳴らす」などという、危険回避のテクノロジーには、驚き。ここまで車は進んでるのね、と21世紀の技術にびっくりしました。

それにしても、アーティスティックな舞台や、会場の演出、小物の細部に至るまでのLSの世界観のプレゼンテーションには、終始一貫したものづくりへのこだわりを感じた次第。LSはほんとにすごい「創造物」なんですね。

新国立劇場の池に浮かぶ「白いレクサス」
d0069964_20272038.jpg



by rutsu_tobii | 2006-09-19 23:59 | 文章の仕事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://rutsu.exblog.jp/tb/3840059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

最新のコメント

フォロー中のブログ