トビイ ルツのTraveling Mind

ベルリン映画祭レポート

長い間ブログが滞っていましたが、別にベルリンに行っていた訳ではなく、毎日、東京ローカルでイラストの締め切りと取材に追われております。客観的にみる東京はおもしろいものですが、こちらはまたの機会にご報告します。

そんな中、ベルリン映画祭から戻ってきたばかりの川喜多映画財団のYさんが、また詳しい報告をしてくれました。業界的にネタばれになりそーですが、横流しで紹介してしまいます☆

NY在住のドキュメンタリストが日本の選挙運動を撮った、その名も『選挙』が好評を博していたそーで、Yさんいわく、「日本のやり方ってあまりにも特殊だ(「最後のお願いにあがりました!」というシーン)と改めて思ったそうです。
エディット・ピアフの生涯を描いた『La vie en rose』、ジュディ・デンチの怪演が光った『NOTE ON A SCANDAL』(邦題『あるスキャンダルの覚え書き』)がすごかったとか。桃井かおりさん監督作品もとても好評だったそうですよ。
コンペ部門は飛び抜けた作品はなかったみたいですが、「映画祭がいろいろなセクションを設けすぎ、肥大化しているのが気になります」とのコメント。
「人々の話題はすでにカンヌ。今回は60回記念の巨匠監督(超豪華)たちによる短編競作などがあったり、すでに楽しみです」とYさん。
またレポートしてくださいね〜♪

追記:その後Yさんから今年のアカデミー主演女優賞の予想コメントが。「クィーン」のへレン・ミレンが一押しとのこと。さて、結果は?



by rutsu_tobii | 2007-02-21 10:30 | 映画

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30