トビイ ルツのTraveling Mind

チョコレート展

東京ミッドタウンの21_21DESIGN SIGHTで開催中の「チョコレート展」に行ってきました。展覧会のまえがきに「10人は9人が好きなチョコレート」とありましたが、そんな食べ物って、なかなかないかもしれませんね。(以前、通訳さんの座談会で一人だけチョコレートが嫌いな女性にお目にかかったことはありますが)

深澤直人氏を中心に国内外のプロダクトや服飾デザイナー、クリエイターがチョコレートにまつわる作品をさまざまな形で表現しています。
おなじみの「明治の板チョコ」や「アポロチョコ」、個人的に想い出深い「パラソルチョコ」なんかもモチーフに使われています。ある意味、お笑いの「それって、あるある」みたいな日本に生まれ育った日本人ならだれでもわかる庶民的な想い出や経験談にちなんだネタ的作品もたくさんあって、かなり楽しみました。
チョコレートのとろける特性や色、銀紙のパッケージ、香り、魅惑的な味など、チョコレートが際限なくクリエイターたちをインスパイアするものであることがわかった興味深い展覧会です。
きっと、観覧後に誰もがエルメやマルコリーニみたいな高級ブランドのチョコではなく、明治の板チョコあたりをばりばりと食べたくなることでしょう。

ちなみに、展覧会のカタログが欲しかったのですが、発売はまだ6月以降とのことで、入手できませんでした。



by rutsu_tobii | 2007-04-28 10:00 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30