トビイ ルツのTraveling Mind

一友社名作劇場

京都の出版社「一友社」が、この6月で設立1周年を迎えました。ブログでも何度かご紹介していますが、国内外の隠れた名作を漫画化して出版している出版社で、28歳のうら若き乙女のいとこが、たったひとりで企画から編集、営業など何もかもやっています。
シリーズの第一弾は坂口安吾、第二弾は中国の古典怪奇小説、そして第三弾の森鴎外の『舞姫』が、現在、発売中。
7/13には第4弾の森鴎外の『山椒大夫・高瀬船』が出版になるとのことで、先日から書店巡りの営業のため上京しています。販促物のしおりやポスターをお店に置いてもらうのだとか。細腕でがんばってやってますので、本はもとより、レジ近くで販促物を見かけたら、ぜひお持ち帰りくださいね。一友社のHPはこちら

古典の名作の漫画化ですが、決してお勉強タイプの作品ではなく、ニッチ的なテーマではありますが、かといってマニアックな部類でもないため、書店さんの扱いもさまざまだとか。「マニアックな本って、どんなの?」と聞くと、円周率の数字だけが延々と1冊書き連ねられてる本とかあるのだそーです。(笑)
まだまだ知られていない本がこの世にはたくさんあるのですね。本屋さんも個性化している時代ですが、独自の視点でいろんなおもしろい文化や創造性をどんどん紹介していってもらいたいものです。

一友社名作劇場_d0069964_925665.jpg

タグ:



by rutsu_tobii | 2007-06-14 10:00 | 仕事仲間・友人

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30