トビイ ルツのTraveling Mind

初めての駅

東京に暮らして長くなりますが、都内で利用したことのない駅はたくさんあります。昨日、乗り換えで利用した地下鉄の「新お茶の水駅」もそうでしたが、駅の構内がちょっと変わっていて、立夏、立秋といった「二十四節季」の文字やモチーフをタイルで象った装飾や、それらの意味を書いた説明書きも掲げてあります。この駅だけ風流なのはなぜ?実は他にもこんな駅はたくさんあるのでしょうか。

ヨーロッパでは、パリやモスクワみたいに地下鉄の駅ごとに構内の装飾に変化があったり、美術館のように趣向を凝らした街も結構あり、ある種、名所にもなっているのですが、東京にはあまりないですね。地下鉄の発達した東京なので、駅ごとに工夫があれば相当楽しいのになあ。
タグ:



by rutsu_tobii | 2007-09-10 10:00

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30