トビイ ルツのTraveling Mind

THIS PLAY! 展

六本木の「21_21DESIGN SIGHT 」にて、「THIS PLAY! 展」が開催中です。6組の服飾デザイナーや現代作家が、ファッションのディスプレイに関連したテーマでユニークなプレゼンテーションを行なっています。展覧会タイトルにもある「プレイ=PLAY」にもひっかけて、遊び心に溢れた作品、観覧者も実際に「遊べる」作品が楽しく陳列されています。

昨夜行なわれたレセプションでは、参加の作家本人たちが率先して服の遊びを楽しんでいました。THIS PLAY! 展_d0069964_1003352.jpg
宇津木えりさんは、今回、実際に身につけることのできる服のアイテムを使った「巨大な福(服)笑い」を作成していたのですが、彼女自身や、会場にいる来場者が次々と「Tシャツの目」や「トートバックの歯」、「パンツの髪」などの服をつかって、「顔の表情」を変えていきます。次々変わるへんてこりんな顔に、会場は爆笑の連続で大盛り上がりでした。

ミントデザインズのデザイナーのお二人も、会場でシャチハタ製のさまざまな可愛い模様のオリジナルスタンプを使って作品制作。白いTシャツに即興感覚でスタンプを押してはつくりあげ、実際に会場で売ってしまうという「実演?販売」も。他にもミーナ・ペルホネンのパッチワーク作品は、来場者が用意された布と針道具を使って、実際にパッチワークづくりに参加できるなど、来場者参加型で進行形のアート作品を楽しむことができます。

個人的には姉妹デザイナーBLANKさんの作った「傘化け」に大受け。日本の伝統的な「傘のおばけ」を連想させる、ランプシェードとマネキンの1本足でできたファッショナブルなおばけは、ルーズソックスを履いた渋谷に出没する女子高生の傘化けだったり、網タイツにすね毛が透けて見える二丁目系の傘化けだったり、ユーモアのセンスがしゃれてます。お隣で鑑賞していたあのモレシャンさんも「家にぜひこんなランプ欲しいわ♪」と大絶賛でした。
THIS PLAY! 展_d0069964_1005957.jpgデザイナーの堀場(妹)さんによると製品かするには規格とか、ちょっと難題があるそーなんですが、私もこんなお化け、家にいてほしいです。彼女たちは、まったく雰囲気のもうひとつの作品「一生を着る」も発表してましたが、こんなシリアス路線も素敵。ついでに姉妹が身につけていた革製の紋章ブローチ「黒革記章(くろかわきしょう)&白革記章」のデザイン&ネーミングセンスも最高でした。笑

今回、空間音楽は、春のミラノサローネ以降、特にアートの現場の演出はじめご活躍の目覚ましい畑中正人さんがご担当。個性の違う6組の意見をまとめあげて音をつくったそーですが、お疲れさまでした。いろんな趣向と個性が渾然一体となって、気分をハッピーにさせてくれる展覧会ですが、期間中も来場者が楽しめるさまざまなイベントが用意されている模様です。



by rutsu_tobii | 2007-09-11 10:00 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30