トビイ ルツのTraveling Mind

NHKロシア語講座

9月も終わりに近づいてきました。10月は4月と並んで、学校や教育講座の新学期の時期でもあります。
『NHKのロシア語講座』の10月号分から、テキストとして使用されているロシアの文学小説の挿絵を担当しています。作品はゴーゴリの『鼻』。ストーリーは、超要約すると、ある朝、床屋が食べようとしたパンの中から鼻がでてきます。それは客の将校の鼻だったのですが、その鼻が勝手にひとり歩きし、物語を繰り広げるといった話。プロットはホラーな感じですが、アイロニカルかつユーモラスな作品で、芥川龍之介の『鼻』の元ネタにもなっているらしーです。
すでに連載2回目の作成を終えたところで、19世紀当時のロシア人の服装とか、登場する小物とか毎回、指示をいただくので、いろいろと勉強になります。
「鼻がひとり歩き」というと、「目玉おやじ」みたいなものを想像しますが、当時の小説の挿絵を見ると、人間ほどの背丈の大きな鼻が、りっぱな羽つき帽子を被って軍服を着てます。ホラーだ。(笑)
ちなみに、Youtubeでこの作品のアニメが流れていて、コワおもしろいノワールな感じがとてもよくでていてお薦めです。コチラ

ちなみにNHKのロシア語講座は、「NHK定番語学講座初の放送打ち切りが常にささやかれている講座でもある」とウィキペディアで説明されているんですが(^^;)、『カラマーゾフの兄弟』のヒットでロシア文学も見直されていることですし、「原書で読むぜ」ぐらいの気持ちで、10月からロシア語もがんばって勉強する人が増えることを願っております。



by rutsu_tobii | 2007-09-26 10:00 | イラストの仕事

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30