トビイ ルツのTraveling Mind

東京国際ブックフェア訪問

13日まで東京ビックサイトで開催中の、東京国際ブックフェアに行ってきました。トークショーやサイン会などのイベント、さらにほとんどの出版社の本は、新刊でも20%程度の割引で各ブースにて購入できるので、本好きにはうれしいですね。さらに割引されたセールコーナーもあり、ラッキーな掘り出し物もあるかも。

今回、筑摩書房のブースでは、韓国人アーティストのカン・アイラン(姜愛蘭)さんの作品、『Lighting Book 』が、特別にディスプレイされています。数年前にアグネスホテルのアートフェアで実物を拝見して、印象に残っていたのですが、LEDライトで光る本の作品が、今回のように本物の本と一緒にたくさん並べられているのをみると、一層、素敵です。

それにしても、各出版社のほんの一部の出版物が展示されているとはいえ、ものすごい数。1冊あたりの販売寿命が短くなっているおかげで、各出版社とも利益を確保するために、出版点数が年々、多くなっているそうです。本を読む人が減っていることや、中古本市場の発達などもあるのでしょうが、長い間に渡って売れ続け、読み継がれる本はなかなかないのですね。

そんな中で絵本『どうぶつびょういん』が、全国学校図書館協議会の選定図書になったと、お知らせをいただきました。選定図書でさえ、かなりの数があるそうなのですが、せめてあちこちの図書館を通じて、多くの方に本が読まれればいいなあ、と強く願う次第です。
東京国際ブックフェア訪問_d0069964_1026283.jpg

写真はユミコチバアソシエイツのリリースから、会場のアイランさんの作品



by rutsu_tobii | 2008-07-12 11:00 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30