トビイ ルツのTraveling Mind

米田知子写真展

昨晩は品川の原美術館で行われた写真家・米田知子さんの展覧会のオープニングレセプションに行ってきました。今回は新作に加え、過去の代表作も含めた60作品がまとめて観られる絶好の機会なので楽しみにしていたのです。
原美術館は、昼間は緑の庭園の景色で和める邸宅美術館ですが、夜の景色も素敵な場所でした。

米田作品で個人的にも印象が強いのが、やはり代表的な「シーン」のシリーズ。撮影されているシーンは、例えばのどかで美しい森の風景や、楽しそうに人々が遊ぶ海辺だったりするのですが、作品のクレジットを見ると、実はそこはかつての凄惨な戦場だったり、歴史的に重要な事件や出来事が起こった場所だったりする。そのことを知った後に作品を改めて眺めると、時間の流れや物事の無常観、その場所の過去と未来に思いを巡らせていろんな気持ちになるものです。
「見えてないもの見る視線」と表現されますが、大判の臨場感のあるクリアな風景写真に、私には見えてるわよ的な気合いや集中力が感じられて好きなのです(笑)。
新作は逆に10cm四方の小さい作品に、現在、実際にある風景が夢か幻のように表現されています。
「壁紙」も好きなシリーズ。同伴した編集者の友人も所有していたのですが、まったくいい買い物をしとるよ^^
レセプションには、普段ロンドンを拠点に国内外で活躍中の米田さんご本人も出席。次はインドに行かれるとか。今後の新しい作品も楽しみです。

原美術館HP



by rutsu_tobii | 2008-09-12 11:00 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30