トビイ ルツのTraveling Mind

ロミオとジュリエット

埼玉県文化振興財団が隔月で発行している情報誌『埼玉アーツシアター通信』にて、今月発行のVo.17からイラストと文章を担当しています。

毎回、表紙で紹介される公演予定の作品と連動したテーマで、裏表紙に掲載されるイラストと文章を作るのですが、今回は11月に埼玉彩の国芸術劇場にて公演する、スペインの国立ダンスカンパニー、ナチョ・ドゥアトの『ロミオとジュリエット』に関する内容。

言わずもがなシェークスピアの有名な作品ですが、作品の書かれた当時の時代背景について調べたりして、いい勉強になりました。
今回はジュリエットの「髪型」についての話。一説によると「髪型は人の印象の70%を決める」とも言われたりして、現代人も気を遣うところではあるのですが、イタリアルネッサンス期の女性のヘアスタイルも、デコったドレスにあわせてかなり気合いが入ってます。着物時代の日本女性の髪型も、毎回結うのが大変だったろうなと思うほど存在感のあるものですが、重厚な着物とのバランスを考えると必然かな。
おしゃれの側面だけでなく、地位や立場も演出もするヘアスタイルの歴史を、改めて興味深く感じた機会でした。
前衛的なバレエ舞踏による公演の方もチェックしてみてくださいね。



by rutsu_tobii | 2008-09-19 11:11 | イラストの仕事

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30