トビイ ルツのTraveling Mind

21世紀の茶碗?

小麦の値上がりや不景気による内食傾向で、国内ではますます米食回帰が顕著とのことですが、タイムリー(?)にも、国立新美術館内のデザインショップ『スーベニアフロムトーキョー』で、お米の文化にぴったりな、作家がつくる器が紹介されています。

21世紀に必要な器はこれだそうです↓
お茶碗以上、丼ぶり未満

日本国内のクラフトワークの見直しにますます注目が集まってますが、過去にもあった職人の手仕事を再評価したイギリスのアーツ・アンド・クラフト運動や日本の民芸運動も、社会的に混乱と激動の時期に盛んになったものとか。
食をはじめ、さまざまな生活スタイルの見直しを迫られている今なので、クラフトワークのシーンもまた新たな時期に入っているのかもしれませんね。



by rutsu_tobii | 2008-10-24 13:30 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30