トビイ ルツのTraveling Mind

ミシンでつくるアート

中目黒のミヅマアートギャラリーで、昨日から刺繍アーティストの青山悟さんの展覧会が行なわれています。以前もミヅマやポートフォリオで作品を見せていただいたことがあり、ミシン(アイリッシュ・ミシンだとか。どこか作りが普通のミシンと違うのかな)を使い、布に糸で精密な風景やオブジェを描きだす作品だったのですが、今回の紹介イメージを見ると「Socialist League」の文字を背にした群像が。世の中が世の中だけに、現代アートや文学でノスタルジックな左向きなテーマは、ここ最近ほんとに人気(?)のようですね。
確かに産業革命の技術の産物である工業製ミシンで、産業革命の「別の産物」であるイデオロギーをテーマにした作品をつくることや、大量生産用のミシンでひとつしかないアートをつくるのはなかなかアンビバレント。ミシンが発明された100年余前には思いもよらなかっただろう使用法ですね。現代あるモノも未来には意外な使われ方するのかも。4/11まで。



by rutsu_tobii | 2009-03-12 01:00 | アート&デザイン

トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

最新の記事

『鉄輪の記憶』展
at 2020-06-16 19:00
私のコロナ対策(情報編)
at 2020-05-25 15:00
『HAPPINESS』展ふたたび
at 2020-05-19 14:00
今年も蒸し通
at 2020-05-17 21:30
アマビエLINEスタンプ発売
at 2020-05-16 12:30