トビイ ルツのTraveling Mind

カテゴリ:健康&美容( 80 )




今年は犬!すじ湯の竹札

旧暦のお正月も過ぎた2018年2月。

別府鉄輪・すじ湯温泉の本年度の会員証が出来上がりました。

昨年度から始まった会員制。会員証は竹札で、毎年干支にちなんで絵がかわります。

すじ湯温泉について、詳しくは昨年のこちらの記事にて https://rutsu.exblog.jp/23857494/

酉年のトリ(不死鳥)のキャラクター「すーじー」に変わって、今年は犬の「すーじー」にバトンタッチ。すじ湯に入って、のびのび「すじ」をのばしております。

男性用と女性用で2色の色違いをご用意。
d0069964_16450726.jpg

会員の個人会員は年間2000円。竹札提示で1年間を通じて入湯できます。お申し込みは カフェ・アルテノイエ(すじ湯隣)または冨士屋ギャラリーにて。

すじ湯温泉の入口で、狛犬のように2匹の絵の看板が、みなさまをお待ちしております♪

ちなみに、会員制による多くの方からの支援により、すじ湯温泉は順調に運営を続けており、屋根の改修のめどがたったそうです。(鉄輪かわら版より)よかったですね!






by rutsu_tobii | 2018-02-25 17:00 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

ひさしぶりの注射

芝生の上でゴロゴロすることが大好きな私。本を読んだり、考えごとをしたり、どこの街にいても必ず気持ちのよさそうな芝生を見つけると、ダイブせずにはいられません。しかし今回は突進する前に思慮深い行動をとることにしました。マダニの予防接種をすることにしたのです。

ウィーンを含めたオーストリアの東部は、Zecken(ツェッケン)と呼ばれる悪名高いマダニの生息地。吸血されて運悪くウィルスに感染すると脳炎や髄膜炎、重症だと死に至るそうで、周囲の人に度々、ワクチンの予防接種を薦められていました。とはいえ、ウィルスをもつマダニは1000匹に1匹とのこと。必ずしも発症する訳ではありません。
最近は免疫力を上げるオルタナ健康法重視で、インフルエンザの予防接種でさえ、受けなくなった私。とはいえ、「いやいや、そんなもんじゃ」と大家さんたちに脅された上、マダニが心配で自然を楽しめなくなると残念なので、受けることにしました。

最寄りの区の保健所(区役所の一角)に行くと、多くは親に連れられた子供たちが列を作っていました。普通はマダニが出始める季節の前に接種するので、さほど人数は多くない模様。案の定、泣き叫んでいるコもいて、久々のお注射に私もちと恐怖。(笑)

問診票はドイツ語ですが、アレルギーや重病、薬の服用の有無など予防接種にでよく聞かれる質問内容で、運良く親切な受付のお姉さんに手伝っていただきつつ、記入完了。料金の1回分19.20ユーロを支払い、隣室にいた女医さんがササッと腕を消毒してピッと注射して終わりです。
予防接種は効果を確実にするために、3回の接種が必要とのこと。4週間後(1〜3ヶ月)に再び接種にくるように言われました。

考えてみれば、海外滞在のために前回、予防接種を受けたのは、中国でSARSが流行した2000年頃。現在は韓国でMARSの流行が心配されていますね。こちらはまだワクチンはないようですが。
何事も予防第一。とりあえず、しばらくは芝生の上での長居は謹んでおこうと思います。



by rutsu_tobii | 2015-06-18 23:59 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

ミツバチの街

日頃から、ミツバチには大変お世話になっていると自負している私。大好物のハチミツをはじめ、蜜から作った歯磨き粉やリップ、蜜蝋のロウソクなどを愛用しています。そして何よりも、全ての作物の豊かな実りは、ミツバチが忙しく花から花へと飛び回り、受粉を助けてくれるおかげ。どれだけ人間がハチたちにお世話になっているか、気づいていない人も多いと思います。

数日前に、オーストリアの28.5%ものミツバチが、この冬を超せなかったとの気になるニュースを見かけました。

記事によると、考えられる理由はネオニコチド系の農薬。日本でも害虫駆除や除草剤にも多用されていますが、ミツバチのような益虫を含め、作物を通じて人にも健康被害が及ぶことがわかっているそうです。ヨーロッパも含め、世界中でこの農薬についての本格的な調査や使用規制が始まっていますが、なぜか日本では最近、残留基準値が大幅に引き上げられてしまいました。何故なんでしょう?

緑の豊富なウィーンは、たくさんのミツバチが住んでいるそうです。オペラ座や自然史博物館の屋上など、至るところに巣箱が設置されているとか(ペントハウス住まいのハチさんたちがうらやましい)。
d0069964_17284831.jpg

先日、お気に入りのハチミツ専門店『Wald & Wiese』でウィーンの花々から採れたハチミツを手に入れました。ハチたちにも人間にもやさしい無農薬のビオです。

ウィーンのみつばち達は、なんと半数以上が春を迎えることができなかったそうです。黄金色に輝く貴重な自然の恵みをいただきます。



by rutsu_tobii | 2015-06-05 21:00 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

塩浴でデトックス

冬から春へ自然にあわせて体調やお肌を整えるために、新陳代謝を促すデトックスによい時期ですが、今年、試しているのが「塩浴」です。

d0069964_10085887.jpg
「アルカリ塩」と「弱酸性塩」。使い方は至って簡単。身体をシャワーなどで湿らせた後「アルカリ塩」で足の裏→足首→ふくらはぎ→心臓に向かってマッサージ。洗い流したら、今度は「弱酸性塩」で身体をマッサージします。最後にコショウを少々...ではなく(笑)、「活性弱酸性水の素」を少々、溶かした洗面器一杯のお湯を全身にかけ、洗い流します。

全身を塩モミすると、宮沢賢治の「注文の多い料理店」を思い出します(笑)。もっとも理論は化学の実験。カルシウムの入った「アルカリ塩」とクエン酸配合の「弱酸性塩」とで、体内の汚れのもと=プラスイオンを排出するというもの。以前、使っていた磁気のプラスとマイナスを利用した「物理学的シャンプー」みたい。自然由来のプラスとマイナス、陰陽を利用した健康法なのですね。原料も身体に安全な天然塩と食用のクエン酸、食用カキのカルシウムが使われています。

肌がツルツルになって、すっきり爽快〜。アルカリ塩だけでも効果はあるそうですが、やはりダブルで使うのが強力とか。マクロビオティックの料理家の方たちの間では有名な平戸の自然食品店「トキ」で見つけたものです。

寒暖を繰り返して風邪を引くことも多い春先。体内の水分量が崩れると、体調を崩しやすいそうです。私は外出時も1年中、ペットボトルの水を持って水分補給していますが、塩を少々混ぜてPHバランスを整えたものにしています。こうすると身体の吸収率もよく、味も真水よりずっと飲みやすいのです。

旅行時に塩を持っておくと、食塩水でサプリ代わりに体調を整えたり、歯磨きやお風呂に入れて身体を洗ったり、ホテルのお部屋でイヤな感じがしたら盛り塩をしたり(幸いやったことはありませんが笑)とても便利。防災袋にも、必ず塩をお忘れなく。






by rutsu_tobii | 2015-03-18 23:59 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

スウェーデンの国民的歯ブラシ

先日、歯のクリーニングを行った際、歯医者さんで目新しい歯ブラシを手に入れました。衛生士さんが歯磨き指導で使っていて、気になったので聞いてみるとスウェーデンのメーカー「TePeテペ」というもの。
ずいぶん大きく、歯の3本分を余裕でカバーしてしまいます。毛先部分は凹凸もなく均等な高さですが、衛生士さんによると「毛が密集しているので、歯の汚れをとりやすい」のだそうです。グリップ部分も大きくて握りやすく、真ん中にくぼみがつけてあります。

電動歯ブラシが壊れてしまって以来、アナログ歯磨きに回帰していた私。最近は別の歯医者さんで薦められたRuscelloルシェロを使っていました。こちらは小ぶりで、毛先は極細。植え方に凹凸をつけてあり、デザインも使い心地も悪くありません。が、ちょうど替え時を迎えて、どうしようかな、と思っていたところだったので、そのまま譲っていただきました。

帰宅後、Tepeについてネットで調べてみると、「スウェーデンで国民の約8割が使用している歯ブラシ」として紹介されていました。スウェーデンは予防歯科の先進国。日本でも最近は「スウェーデン式歯みがき」の本が出版されるなど、歯のケアの仕方が注目されているのだとか。

意外にスゴイ歯ブラシTePe。一見するとビジネスホテルにある無料歯ブラシに近いかも。その点、デザインも見るからに「技」を仕込んであるルシェロに較べると、シンプルすぎるほど。
同じスウェーデン発のIKEAも世界に通じるユニバーサルデザインが受けていますが、「シンプルさこそ機能性に通じる」という点は、共通しているのかもしれませんね。



by rutsu_tobii | 2015-03-07 23:59 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

鉱泥温泉

2015年になってはや1か月。「今年こそは毎日コレを!」と立てた目標が、早くも倒れまくってるので、なんとかしたい2月の始まり(笑)。唯一、続いているのがランニングでしょうか。モチベーションを上げるために、時々ランニングの後に温泉に行くご褒美コースを設定。せっかく冬場に温泉地の別府にいるのだし、共同浴場だけで100以上あるそうなので、探求しがいがありそうです。

先日、興味津々で出かけたのは「泥湯」。昨年の個展に来てくださった、別府温泉のリピーターの方がイチオシしていた『鉱泥温泉』です。聞けばガイドブックなどであまり紹介されていない上、午前中の時間帯しか一般にはオープンしていないという秘湯な感じ。とはいえ、場所は別府の人気観光スポット「坊主地獄」の敷地内にあります。「坊主地獄」って、考えてみるとすごいネーミングですね(笑)。沼地に湧いた熱い温泉が泡をプクプクたてて沸騰している様子が、ツルツルの坊主頭のようだから...という説のみならず、昔は実際この地にお寺があったのだとか。地熱の大爆発が起こり、お寺もお坊さんも吹っ飛んだという、凄まじいお話のある場所なのです。
d0069964_18293616.jpg

*写真は坊主地獄からの一枚。「鉱泥温泉」は隣接した場所にあります。

肝心の温泉ですが、私はムツゴロウのいる干拓地のようなドロッとした泥湯を想像していたのですが、実際はお汁粉のような薄墨状のお湯でした。坊主地獄の泥を湯船に溶かしているそうです。高温なこともあって、お湯あたりはかなり強烈。常連のおばさまの入湯客に入り方を指南していただき、3〜5分ほど入っては、外に出て体を冷やし、また入る、というのを繰り返すこと4、5回。お湯からでている間に、肌の表面の泥が乾いて浸透する全身クレイパック状態。おかげで湯上がりのお肌はしっとり!何より、私は足に抱えていた筋肉痛が翌日にはスッキリ治まり、効果を実感しました。

鉱泥温泉を教えてくださった通の方も言っていたのですが、ここの泥湯は毎日90度の高温の熱で消毒するそうで、泥湯といえども清潔に保たれています。入り方のお作法も独特ですが(入る時は泥がはねないようにする→目に入ると厄介、肌に泥を塗ってはいけない→泥が減ってしまう)、この冬は走って浸かって、「泥の温熱湿布」でメンテする楽しみができました♪



by rutsu_tobii | 2015-02-02 23:59 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

アロマの効用

アロマテラピーと自然療法の専門誌『aromatopiaアロマトピア』という雑誌に、ウィーンの暮らしの中でのアロマについて、ちょっとだけコメントさせていただきました。京都の和アロマの卸売店『癒しの香り』さんにご協力する形で執筆しています。

記事の主な部分は、「アロマと音楽」というテーマで、『癒しの香り』の代表の村主忠司さんとアロマワークス代表の原田裕子さんという方の対談なのですが、音楽と香りの共通点や、一緒に楽しむことで得られる相乗効果に関してなど、興味深いお話をされています。

私も個人的にアロマテラピーが大好き。アロマオイルを体調にあわせていろいろ使い分けています。体調がすぐれない時や、旅行で飛行機の移動中など、環境が変わってリラックスしにくい時などに特に効果を発揮します。胃腸の調子が悪い時やだるさや眠気には、薬を飲むよりも香りを嗅ぐ方が即効で効きます。(とはいえ、個人差があるので、デリケートな方は使用に注意が必要です)

現地情報として、主観ではありますが、ウィーンを代表する香りのひとつとしてスミレを挙げておきました。ウィーンのハプスブルク家出身のマリー・アントワネットや皇妃エリザベートも愛でたスミレ。
この話を書きながら宝塚歌劇団の歌う「スミレの花、咲くころ〜♪」という歌を思い出してしまいました。あの歌詞はウィーンのイメージかと思いましたが、調べてみると原曲はドイツ語のようで花はニワトコ。フランス語版の歌詞では花はライラックなのだとか。それが日本語の歌詞ではスミレになったのですね。いずれにせよ、かぐわしい優雅なイメージですね。
d0069964_21334463.jpg

愛用のPRIMAVERAのオーガニックのアロマオイル。虫除けやリラクゼーションに万能なゼラニウムが、私の一番のお役だちです。



by rutsu_tobii | 2014-02-19 22:00 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

温泉にもいい!万能シャンプー

寒い冬は熱いお風呂が楽しみな季節。以前は、気分を変えるために日替わりでシャンプーを変えたり、旅先から持ち帰った石けんを使ったりして、それはそれで楽しかったのですが、断捨離して生活がコンパクトになった共に、これで全身OKという満足の1本に出会いました。

温泉地の別府の鳴海クリニックという皮膚科の医師が開発した『JN全身シャンプー』というもの。「肌の脂をとりすぎず、しっかり洗浄し、温泉でも肌を荒らさず、アトピーの人も安心して使える」ことを考えて開発したものだとか。
d0069964_1053834.jpg

2年前に虫刺されでクリニックを訪れた際に、ご高齢ながら今も現役でいらっしゃる開発者の名物おじいちゃん医師に薦められて、たまたま使い始めたものなのですが、今や手放せないものになりました。敏感肌で冬場は乾燥しがちの難しい肌の私にもピッタリ。髪や顔、体と全身とありますが、確かにそれぞれのパーツでも使い心地に違和感はありません。
少量でもスポンジなどを使えばすごく泡立つので、コストパフォーマンスもよく、旅などで持ち運ぶ際も荷物が少なくてすみます。何より開発コンセプトが「温泉=硬水にもOK」ということなので、ヨーロッパの硬水でも泡立ちや使い心地に問題がないのが、うれしいのです。ウィーンの水はそれほど硬水ではありませんでしたが、ずっとこれを使ってました。

肌はお湯でちょっと流しただけではヌルヌルしますが、最終的にはすっきり、洗い上がりはしっとり。全身OKのシャンプーというと『マジックソープ』が人気ですが、私にはちょっと刺激が強く乾燥しがちだったので、たまたま見つけられたのはラッキーでした。敏感&乾燥肌の方、温泉旅行にしょっちゅう行かれるという方にも、お役に立ちそうな1本ですよ。



by rutsu_tobii | 2014-01-29 10:00 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

酵素玄米

年末年始のこのシーズン、多くの方が気にすることでしょうが、私もこの時期に体重を増やしてしまいました...。やはり原因は食生活と運動不足。特に食は、ウィーンでの主食はライ麦や全粒粉の黒パンやパスタだったのに、日本ではカロリーもGI値も高い白米(加えてお正月はおもち)という違いは大きいです。急遽、玄米食メインの食事に変えました。しかも「酵素玄米」という、体にとてもよさそうなご飯です。

作り方は、インターネット上でもたくさん紹介されていますが、玄米に小豆と塩を少々入れて通常どおり炊き、保温状態にしておきます。3日を過ぎると発酵が始まり、酵素がどんどん増えていくそうで、お米もモチモチしてきます。
d0069964_9524883.jpg

保温3日後。色も濃く、食感も粘りがでて柔らかくなってきました。
d0069964_953392.jpg


玄米というと、味に旨味がない、パサパサして食べにくくて好きではないと言う方も多いかもしれませんが、こうして食べると小豆の甘みがあって、ほっこりと食感もよくなります。何より食物繊維が豊富なせいか腹持ちがよく、間食がなくなりました。免疫力をアップする酵素が多いというのもうれしいところ。まだ始めたばかりですが、健康と冬太り気をつけて春を迎えたいと思います。



by rutsu_tobii | 2014-01-15 10:00 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)

歯の人間ドック

昨年末に初めて「歯の人間ドック」というのを受診しました。先に受診した友人から「自分の歯の状態もよくわかるし、将来のリスク管理になるから、受けてよかったよー」と話を聞き納得。おりしも奥歯に違和感を感じている時でした。

内容は、いろんな角度から歯のレントゲンを撮影し、歯形をとって歯並びや歯根、骨格をチェックしたり、1本の歯を3エリアに分けて、溝の深さや出血で歯茎の状態を確認するなど、細かく調べていきます。2回に分けてトータル2時間ほどで検査ができました。
レントゲン検査で、骨格や歯並びから顎関節に気をつけた方がいいとわかった矢先、なんと顎が痛くて口が大きく開けられないという事態が発生! 実は10年以上も前にひどい顎関節症に悩まされた経験があり、以来、気をつけるようにしていたのですが、久々に重い症状が再発してしまったようでした〜。

顎関節症は、主に寝ている間の噛み締めや歯ぎしりで顎に負担がかかり、筋肉疲労が原因でおこるといわれてますが、昼間のデスクワークの間にもストレスで歯をくいしばっていたり、携帯電話やスマホが原因で肩こりや首こりのある人も要注意なのです。

現在、マウスピースで治療中なのですが就寝時用に加えて、前歯カバーだけの昼用のマウスピースが案外、お役立ち。噛み締めの予防や、「間食防止」というダイエット&虫歯予防の効果のおまけつきです(笑)。透明なので(話をする時にしゃべりにくい点はありますが)人前でも目立ちません。
歯医者さんによると、寒い時期は肩や首に力が入るので、来院する8割くらいの方に噛み締めや歯ぎしりによる不調がみられるとか。思い当たる方、お気をつけて。



by rutsu_tobii | 2014-01-08 10:00 | 健康&美容 | Trackback | Comments(0)
トビイ ルツ|TOBII & RUTSU「ペン一本でどこでも行ける」生活に憧れるイラストレーター&モノ書きです
by rutsu_tobii
プロフィールを見る

最新の記事

長崎の旅を紹介
at 2018-04-07 12:00
別府の桜スポット
at 2018-04-05 23:00
春を告げる野焼き
at 2018-04-02 23:00
今年は犬!すじ湯の竹札
at 2018-02-25 17:00
11月に個展をします
at 2017-10-03 23:00

最新のコメント

フォロー中のブログ